[Windows]プロダクトキー確認

OSインストール後は、コントロールパネル > システムでもキーが見れない。
プロダクトIDとプロダクトキーは違うもの。

http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/0907/10/news112.html

ここを参考に確認してみる。

末尾5ケタだけの確認ならコマンドプロンプトでできる

コマンドプロンプト > slmgr -dlv > ウィンドウ開く > プロダクトキーの一部、という箇所に記載


フルキー確認ならWindowsProductKey

http://www.rjlsoftware.com/software/utility/winproductkey/download.shtml

Compressed .ZIP File > winproductkey.zip をダウンロード(現時点v1.07)
  > 解凍 > winproductkey.exe を実行 > ウィンドウが起動し、Windows Product Key、に記載。
スポンサーサイト

[Windows]コマンド

Zabbixエージェントインストール

ここを参照にさせて頂く。
https://qiita.com/k7tak29/items/3b3453db40672e632c11


https://www.zabbix.com/jp/download_agents
ここから以下をダウンロード。
Zabbix 3.4 3.4.6 Windows (All) i386,amd64

以下がダウンロードされるので、解凍する。
zabbix_agents_3.4.6.win.zip


confファイルを以下のように編集する。
C:\user\app\zabbix_agents_3.4.6.win\conf\zabbix_agentd.win.conf

LogFile=c:\user\app\zabbix_agents_3.4.6.win\zabbix_agentd.log
Server=192.168.10.110
ServerActive=192.168.10.110:10051
#Hostname=Windows host > コメントアウトする
HostnameItem=system.hostname
HostMetadata=Windows




[Windows]ansible

ホスト: x1 Windows 10 64bit

参考にさせて頂きました。
https://qiita.com/t_nakayama0714/items/fe55ee56d6446f67113c


環境構築 ~ Ansible立上げ

Vgrantのインストール。以下からWindows 64bit版をダウンロード。
https://www.vagrantup.com/downloads.html

VirtualBoxをインストール。
https://www.virtualbox.org/wiki/Downloads
VirtualBox 5.2.12 platform packages
Windows hosts
ここからWindows版をダウンロード。

DOSプロンプトを開く。以下DOSプロンプト(もしくはTeraTerm)での操作は#で示す。
# c/user/work/vagrant へ移動
# mkdir vagrant
# cd vagrant
# vagrant init

生成されたvagrantfileを以下の通り編集。

Vagrant.configure(2) do |config|
config.vm.define "controller" do |node|
node.vm.box = "centos7.2"
node.vm.hostname = "controller"
node.vm.network :private_network, ip: "192.168.100.10"
node.vm.network :forwarded_port, id: "ssh", guest: 22, host: 2210
end
config.vm.define "target" do |node|
node.vm.box = "centos7.2"
node.vm.hostname = "target"
node.vm.network :private_network, ip: "192.168.100.20"
node.vm.network :forwarded_port, id: "ssh", guest: 22, host: 2220
end
end



参照先では以下URLだったが存在しない。
# vagrant box add centos6.7 https://github.com/CommanderK5/packer-centos-template/releases/download/0.6.7/vagrant-centos-6.7.box

紹介先のURL
http://www.vagrantbox.es/
から選ぶ。
今回は以下のデータを使う事にする。

CentOS 7.2 x64 (Minimal, Puppet 4.2.3, Guest Additions 4.3.30)



# vagrant box add centos7.2 https://github.com/CommanderK5/packer-centos-template/releases/download/0.7.2/vagrant-centos-7.2.box

# vagrant up

Bringing machine 'controller' up with 'virtualbox' provider...
Bringing machine 'target' up with 'virtualbox' provider...
 :


現状のVMステータス確認。
# vagrant status

Current machine states:

controller running (virtualbox)
target running (virtualbox)




TeraTermを使って以下にログイン。確かにログイン出来た。

IP = localhost
port = 2210
user = root
Pass = vagrant



# cat /etc/redhat-release

CentOS Linux release 7.2.1511 (Core)



# uname -r

3.10.0-327.4.5.el7.x86_64



# yum -y install ansible

# ansible --version

ansible 2.5.2
 :
python version = 2.7.5 (default, Nov 20 2015, 02:00:19) xxxx



# ssh-keygen -t rsa

Generating public/private rsa key pair.
Enter file in which to save the key (/root/.ssh/id_rsa):
Created directory '/root/.ssh'.
Enter passphrase (empty for no passphrase): > パスフレーズ無しなので、そのままEnter
Enter same passphrase again: > 同上
Your identification has been saved in /root/.ssh/id_rsa.
Your public key has been saved in /root/.ssh/id_rsa.pub.
The key fingerprint is:
xx:xx:xx:xx:xx:xx: root@controller
The key's randomart image is:



AnsibleコントローラからターゲットにSSHでログインできるようにするため、公開鍵を送り込む、だそうだ。
# ssh-copy-id root@192.168.100.20

The authenticity of host '192.168.100.20 (192.168.100.20)' can't be established.
ECDSA key fingerprint is xxxxxxxxxxxxxx
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
/usr/bin/ssh-copy-id: INFO: attempting to log in with the new key(s), to filter out any that are already installed
/usr/bin/ssh-copy-id: INFO: 1 key(s) remain to be installed -- if you are prompted now it is to install the new keys
root@192.168.100.20's password: > vagrantを入力

Number of key(s) added: 1

Now try logging into the machine, with: "ssh 'root@192.168.100.20'"
and check to make sure that only the key(s) you wanted were added.



これで送れたのか?

次に疎通確認。
# ansible all -i inventory/hosts -m ping

192.168.100.20 | SUCCESS => {
"changed": false,
"ping": "pong"
}



上記では先のinventoryファイル中にある全て(all)のホストに対してpingモジュールで疎通確認をしてる、だって。
結果は、[ホスト] | [結果] >> [メッセージ] と表示されるそうだ。



playbookを試す

/root/ansible/group_vars/targets.yml を作る。

message: "Hello Ansible ! ! !"

fruits:
apples:
amount: 10
bananas:
amount: 20
oranges:
amount: 30




/root/ansible/test.yml を作る。

- hosts: targets
user: root
tasks:
- name: output message.
debug: msg="{{ message }}"

- name: output fruits
debug: msg="We want {{ item.value.amount }} {{ item.key }} !"
with_dict: "{{ fruits }}"




# ansible-playbook -i inventory/hosts test.yml


PLAY [targets] *********************************************************************************************************************************************************

TASK [Gathering Facts] *************************************************************************************************************************************************
ok: [192.168.100.20]

TASK [output message.] *************************************************************************************************************************************************
ok: [192.168.100.20] => {
"msg": "Hello Ansible ! ! !"
}

TASK [output fruits] ***************************************************************************************************************************************************
ok: [192.168.100.20] => (item=None) => {
"msg": "We want 10 apples !"
}
ok: [192.168.100.20] => (item=None) => {
"msg": "We want 30 oranges !"
}
ok: [192.168.100.20] => (item=None) => {
"msg": "We want 20 bananas !"
}

PLAY RECAP *************************************************************************************************************************************************************
192.168.100.20 : ok=3 changed=0 unreachable=0 failed=0

[Windows]FastCopyバッチ化

FastCopy > ジョブ管理 > ジョブ追加/更新/削除 > これでジョブに名前を付ける。

FastCopy.ini の titleの処に、上記で設定したジョブ名がある。これを後で使う。

バッチファイルを作る。ジョブ名は/jobの後に書く。

taskkill /im FastCopy.exe /F
start "" /b "C:\user\app\FastCopy211_x64\FastCopy.exe" /job="user__x1_to_z68 " /force_close



タスクを作成
 コントロールパネル > 管理ツール > タスクスケジューラ
  > タスクスケジューラライブラリ > 右クリック
  > 基本タスクの作成
  > 名前 = xxx > 次へ
  > トリガー = 毎日、時間設定 > 次へ
  > 操作 = プログラムの開始 > 先ほど作成したバッチファイルを参照 > 次へ
  > 完了

[Windows]10へのアップグレード

Webを見てると、Windows 10への無償アップグレード期間が終わった今でも
出来るとの情報を見た。

Win 8.1から10への無償アップグレードを試す > 成功(2018/3/31時点)

x230
Windows 8.1 Pro 64 bit

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10
ツールを今すぐダウンロード、からMediaCreationTool.exe をダウンロードする。

実行して、ライセンス条項に同意して進む > このPCを今すぐアップグレードする、を選び次へ
 > だいぶ時間かかるが、一晩実行したら成功した。
 > 一回目はなぜかWin 8のままになっていたので、やり直したら成功。


Win 7から10への無償アップグレードを試す

まずはWin 7をx230にUSB接続DVDドライブ(IODATA DVRP-UT8LK)経由でインストールしようとしたが、次のメッセージで先に進めず。

必要なCD/DVDドライブのデバイスドライバーがありません。ドライバーのフロッピーディスク、CD、
DVD、またはUSBフラッシュドライブがある場合は、ここで挿入してください。

注意: WindowsのインストールメディアがCD/DVDドライブにある場合は、この手順のためにメディア
を取り出すことができます。



最初にWin 7用USBインストールメディアを作成する

内蔵DVDドライブにインストールCD入れて起動試みたが、起動してくれない。
USB接続のDVDドライブでも試みたが、確かインストールの途中で失敗した。
USBメディアを使ってインストールする事にした。

最初にWin 7のisoを作るために、h170を使って以下サイトからisoをダウンロードした。
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows7


次にisoからUSBインストールメディアを作る。
http://www.wintobootic.com/
ここから、WiNToBootic_v2.2.1.zipをダウンロード。
PCにUSBを接続し、ツールを実行すると、
TrancendのUSB3.1 16GBのUSBをNTFSでフォーマットし、上記で入手したisoを選び実行したらUSBインストールメディアを作成出来た。


SAMSUNG 840EVOはx230で認識しない

上で作成したUSBからWin7インストールをする際、
x230でF12でBIOSメニューに入り、SATA設定を、AHCIにしても、Compatibilityにしても、どちらでもSSDを認識しなかった。なのでこのSSDは断念。

MICRON RealSSD C400はx230で認識するが、インストール出来ないと言われる

同じくUSBからのWin7インストールのためUSBから起動させると、
SSDを認識し、余計なパーティションを削除し、1つの領域にインストールしようとすると、以下メッセージで先に進めず。

新しいシステム パーティションを作成できなかったか、既存のシステム パーティションが見つかりませんでした。
詳細については、セットアップ ログ ファイルを確認してください。



この症状について調べると、以下が参考になりそう。
http://tuttitan.hatenablog.com/entry/2016/07/08/191600
なんでも、USBインストールメディアからWin7をインストールする際は、USB内容をSSDへコピーして、書込み可能なデバイスをSSD1つだけにする事がポイントだとか。

さっそく試そうと、Win7用USBインストールメディアを接続したx230を起動すると、こう出た。

error: no such partition.
Entering rescue mode...
grub rescue>



これはこれからWin 7をインストールしようとしてるSSDをブートデバイスとして読み込んだら、BOOTに失敗したみたい。
F12でBoot menuに入り、USBを指定したら、無事Win 7インストールが始まった。

そして、インストール先を選択する画面まで来た。
ここで先ほどは、「新しいシステム パーティションを作成できなかったか、既存のシステム パーティションが見つかりませんでした。・・・」
って出て詰まった。
しかし今度は、先と同じMICRON RealSSD C400なのに、フツーにインストールへ進めた。なぜ?
この作業の前に、BIOS SATAモードをAHCIにしたのを覚えている。
こういう事かな? (この作業前に、何気なくAHCIモードにしたから成功したって事か)

C400 + SATA=Compatibility > 上記メッセージでWin 7インストールに進めず。
C400 + SATA=AHCI      > Win 7インストール成功
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード