FC2ブログ

[Ubuntu]ffmpeg変換(MP4 -> MPEG2)

①パナソニック HC-WX995M : MP4
②TOSHIBA REGZA 37Z1用 : MPEG2

① -> ffmpeg変換 -> ②
にしたい。

ffmpeg -i $filepath -f mpegts -b 8192k -r 29.97 -ab 128k -vcodec mpeg2video -acodec mp2 -ar 44100 -s 720x480 -aspect 16:9 $filepath.mpg


これで再生出来た。
スポンサーサイト



[Ubuntu]ddでOSイメージクローン

ディスク内容を丸々コピーしたい。

sdd : マスター(HDD)
sdc : スレーブ(SSD)

スレーブをマスターの容量と合わせるため、まずはマスターのセクタ数調べ。
# fdisk /dev/sdd
  > pで総セクタ数表示される。

次に、スレーブSSDの容量を、マスターセクタ数指定してクリッピング。
# hdparm -N p10000 /dev/sdc

最後に、マスター
# dd if=/dev/sdd of=/dev/sdc bs=512 conv=sync,noerror
 ※ セクタ512Bづつ、マスター(sdd)からスレーブ(sdc)へデータ丸ごとコピーするコマンド。
   conv=sync,noerrorのsyncは、マスターのあるセクタがREADエラーになっても、
   そのセクタは0で埋めてスレーブにコピーしてくれる。syncが無いと不良セクタあった時にずれるらしい。
   noerrorは、エラーがあっても継続する、の意味。

以下参考にした。
http://weblog.rukihena.com/archives/2006/05/dd_convsyncnoer.html

コピー完了後の確認してないが、うまくいってるはず。

[Ubuntu]コマンド4

ネットワーク設定・再起動(18.04)
/etc/network/interfaceはもう使ってないとか。

今はこちらを編集する。
# vi /etc/netplan/50-cloud-init.yaml

network:
ethernets:
ens33:
addresses:
- 192.168.1.180/24
gateway4: 192.168.1.1
dhcp4: false
nameservers:
addresses:
- 8.8.8.8
version: 2


# ip addr flush dev ens33
# systemctl restart networking
こんな感じに編集して、以下で反映と思ったら、networkingがnot foundになる。




TensorFlowインストール

host = Windows 10 Home Windows Subsystem for Linux
/etc/os-release = Ubuntu 18.04.2 LTS
uname -r = 4.4.0-17763-Microsoft


UbuntuでTensorFlowを動かしてみる
https://cpoint-lab.co.jp/article/201801/1235/

sudo apt update
sudo apt install python-pip python-dev
# CPU版入手
sudo pip install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/linux/cpu/tensorflow-0.7.1-cp27-none-linux_x86_64.whl
# GPU版はこちら
sudo pip install --upgrade https://storage.googleapis.com/tensorflow/linux/gpu/tensorflow-0.7.1-cp27-none-linux_x86_64.whl

python
ここから対話モードで以下を入力すると結果が次のように表示された。
>>> import tensorflow as tf
>>> hello = tf.constant('Hello, TensorFlow!')
>>> sess = tf.Session()
>>> sess.run(hello)
'Hello, TensorFlow!'
>>> a = tf.constant(10)
>>> b = tf.constant(32)
>>> sess.run(a+b)
42

これで正常に動いてるらしい。


GNOMEインストール

$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install ubuntu-gnome-desktop




後からGUIインストール(18.04)

# apt-get update
# apt-get -y install ubuntu-desktop
かなり長い。15分くらいかな。
# shutdown -r now
これでGUI環境で起動された。

[Ubuntu]コマンド3

ファイルサーバ(samba)構築

# su
$ apt-get -y install samba
$ mkdir /home/share
$ chmod 777 /home
$ chmod 777 /home/share
$ vi /etc/samba/smb.conf

# 25行目:追記
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932

# 30行目
workgroup = XXX

# 51行目: コメントを解除し、IP追記
interfaces = 127.0.0.0/8 192.168.xx.0/24 enp0sxxx
 ※ ここでI/F名を記載漏れてた事が原因で、sambaに接続できない事があった。

# 58行目:コメントを解除し、かつ追記
bind interfaces only = yes
map to guest = Bad User

# 最終行に追記
[share]
path = /home/share
writable = yes
guest ok = yes
guest only = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777


$ pdbedit -a bob
new password:
retype new password:

$ vi /etc/hosts.allow
smbd : 192.168.10.
nmbd : 192.168.10.

$ systemctl restart smbd
$ systemctl restart nmbd

$ systemctl enable smbd
$ systemctl enable nmbd

$ ufw allow samba
$ ufw allow app list



DLNAサーバ(minidlna)構築

# apt-get install minidlna
# vi /etc/minidlna.conf

#変更箇所
media_dir=V,/home/share
inotify=yes
notify_interval=895


# systemctl restart minidlna

これでOculus Go > ギャラリー > host名:dlna、で自動的に接続されて表示された。



フォワードプロキシサーバ構築

# apt-get update
# apt-get upgrade -y
# apt-get install squid -y

# vi /etc/squid/squid.conf

acl localnet src 192.168.0.0/16
acl localnet src fc00::/7 # RFC 4193 local private network range
acl localnet src fe80::/10 # RFC 4291 link local machines

acl SSL_ports port 443
acl CONNECT method CONNECT
http_access deny CONNECT !SSL_ports

acl Safe_ports port 80 # http
acl Safe_ports port 21 # ftp
acl Safe_ports port 443 # https
acl Safe_ports port 70 # gopher
acl Safe_ports port 210 # wais
acl Safe_ports port 1025-65535 # unregistered ports
acl Safe_ports port 280 # http-mgmt
acl Safe_ports port 488 # gss-http
acl Safe_ports port 591 # filemaker
acl Safe_ports port 777 # multiling http
http_access deny !Safe_ports


http_access allow localhost manager
http_access deny manager

http_access allow localnet
http_access allow localhost
http_access deny all

http_port 3128

coredump_dir /var/spool/squid

refresh_pattern ^ftp: 1440 20% 10080
refresh_pattern ^gopher: 1440 0% 1440
refresh_pattern -i (/cgi-bin/|\?) 0 0% 0
refresh_pattern (Release|Packages(.gz)*)$ 0 20% 2880
refresh_pattern . 0 20% 4320

strip_query_terms off
logformat combined %>a %ui %un [%tl] "%rm %ru HTTP/%rv" %Hs %h" "%{User-Agent}>h" %Ss:%Sh
access_log /var/log/squid/access.log combined


# systemctl restart squid
# systemctl enable squid

ここまできたら、クライアントPCのブラウザ設定でプロキシサーバを指定する。
Firefox > オプション > 一番下のネットワークプロキシ欄へ
 > 接続設定
 > 手動でプロキシを設定する
 > プロキシサーバのIPと、squid.confで設定したポート番号を指定

これでプロキシサーバ経由でインターネットへアクセス出来るようになった。




syslogサーバ構築

Ubuntuには最初からrsyslogがインストールされてる。
なのでconfigの設定変更から。
# vi /etc/rsyslog.conf

以下2行をコメントアウトして、syslog(UDP)を受け付けるようにする。
module(load="imudp")
input(type="imudp" port="514")


# vi /etc/rsyslog.d/70-hoge.conf
local0.*  -/var/log/hoge.log


# systemctl start rsyslog
# systemctl enable rsyslog

# vi /etc/logrotate.d/rsyslog


/var/log/debug
/var/log/messages
/var/log/hoge.log > ここに追加
{
rotate 4





リバースプロキシサーバ構築


muninインストール

# apt-get install munin munin-node
# vi /etc/munin/munin.conf

[localhost.localdomain]
 ↓
[h67.hoge.com]


# vi /etc/apache2/conf-available/munin.conf

Alias /munin /var/cache/munin/www
<Directory /var/cache/munin/www>
Require local
Options None
AuthType Basic
AuthName "Munin"
AuthUserFile /etc/munin/munin-htpasswd
Require valid-user
</Directory>

ScriptAlias /munin-cgi/munin-cgi-graph /usr/lib/munin/cgi/munin-cgi-graph
<Location /munin-cgi/munin-cgi-graph>
Require local
Require all granted
<IfModule mod_fcgid.c>
SetHandler fcgid-script
</IfModule>
<IfModule !mod_fcgid.c>
SetHandler cgi-script
</IfModule>
</Location>


BASIC認証のパスワードファイルとして以下を指定。新規に作成される。
# htpasswd -c /etc/munin/munin-htpasswd [USERNAME]

# vi /etc/munin/munin-node.conf
最終行に以下追加。

h67 [FQDN]


munin-nodeは既にActiveになっている。
# systemctl status munin-node
muninは起動しておらず、maskedになってる。
# systemctl status munin

# systemctl restart apache2

他のPCから、アクセスするとmuninのページが開いた。



ソフトウェアRAID(Ubuntu 16.04.06 LTS)
 ※ 一度失敗した状態から再度作成。

# mdadm --misc --stop /dev/md0
# mdadm --misc --remove /dev/md0
# mdadm --misc --zero-superblock /dev/sdb1 /dev/sdc1

# fdisk /dev/sdb
パーティションを全部削除し、1つだけ新規パーティションを作成。
t > パーティションタイプ変更 > 28(Linux RAID) > w

# mdadm --create --verbose /dev/md0 --level=0 --raid-devices=2 /dev/sdb1 /dev/sdc1
# cat /etc/mdstat
# mdadm --detail --scan >> /etc/mdadm/mdadm.conf
# mkfs -t ext4 /dev/md0

# mount /dev/md0 /home/samba

mount: /dev/md0: more filesystems detected. This should not happen,
use -t to explicitly specify the filesystem type or
use wipefs(8) to clean up the device.


# mount -t ext4 /dev/md0 /home/samba
これで無事マウントできた。

あとはfstabへ登録して、自動マウントするようにする。
これで/dev/md0のUUIDを調べる。
# mdadm --detail --scan >> /etc/fstab
# vi /etc/fstab

UUID=xxxx-xxxx-xxxx /home/samba defaults 0 2 > しかし、これでは起動せず。
 ※ UUIDは元々:だったが、他に合わせて-区切りにした。

/dev/md127 /home/samba defaults 0 0 > これで自動マウント成功して起動した。
 ※ 元々/dev/md0を作ったが、上の失敗の後起動したら、md127になってた。

[Ubuntu]コマンド2

DNS設定

apt-get installでインストールしようとしたら、名前解決が出てないようなエラー。
以前もDNSサーバ構築した際にインストールしたはずなのだが。設定が消えてる?

とにかく状態確認すると、GlobalにDNS Servers:の欄が出てない。
# systemd-resolve --status

Global
DNSSEC NTA: 10.in-addr.arpa
16.172.in-addr.arpa
168.192.in-addr.arpa
 :


DNS設定には/etc/resolv.confを変更すると思ってたが、調べてみると
Ubuntu 17.04以降ではsystemd-resolvedがdefault動作のため、/etc/resolv.conf
を書き換えても変更されない、だった。
# vi /etc/systemd/resolved.conf

[Resolve]
DNS=192.168.10.130 8.8.8.8 > ここをコメントアウトして記入


# systemctl restart systemd-resolved

すると、Globalに設定内容が反映された。
# systemd-resolve --status

Global
DNS Servers: 192.168.10.130
8.8.8.8
DNSSEC NTA: 10.in-addr.arpa
16.172.in-addr.arpa
168.192.in-addr.arpa
 :


この後apt-get install でインストールしたら、ちゃんと出来た。DNS設定が無かった事が原因だった。



DNSサーバ構築

https://www.server-world.info/query?os=Ubuntu_14.04&p=dns

# sudo apt-get -y install bind9 bind9utils
# sudo vi /etc/bind/named.conf
include "/etc/bind/named.conf.options";
include "/etc/bind/named.conf.local";
#include "/etc/bind/named.conf.default-zones";
include "/etc/bind/named.conf.internal-zones";
include "/etc/bind/named.conf.external-zones";


# sudo vi /etc/bind/named.conf.internal-zones
   
view "internal" {
match-clients {
localhost;
192.168.10.0/24;
};
zone "hoge.link" {
type master;
file "/etc/bind/hoge.link.lan";
allow-update { none; };
};
zone "10.168.192.in-addr.arpa" {
type master;
file "/etc/bind/10.168.192.db";
allow-update { none; };
};
include "/etc/bind/named.conf.default-zones";
};


# sudo vi /etc/bind/named.conf.external-zones


view "external" {
match-clients { any; };
allow-query { any; };
recursion no;
# 外部向け正引き情報を定義
zone "hoge.link" {
type master;
file "/etc/bind/hoge.link.wan";
allow-update { none; };
};
zone "x.y.z.121.in-addr.arpa" {
type master;
file "/etc/bind/x.y.z.121.db";
allow-update { none; };
};
};


# sudo vi /etc/bind/named.conf.options


options {
directory "/var/cache/bind";
allow-query { localhost; 192.168.10/24; };
allow-transfer { localhost; 192.168.10/24; };
allow-recursion { localhost; 192.168.10/24; };

dnssec-validation auto;
auth-nxdomain no;
listen-on-v6 { none; };
};


内部正引き設定ファイル
# sudo vi /etc/bind/hoge.link.lan


$TTL 1D
@ IN SOA dns.hoge.link. root.hoge.link. (
2018050801 ;Serial
3600 ;Refresh
1800 ;Retry
604800 ;Expire
86400 ;Minimum TTL
)
IN NS dns.hoge.link.
IN A 192.168.10.[IP of DNS server]
IN MX 10 dns.hoge.link.

dns IN A 192.168.10.[IP of DNS server]


外部正引き設定ファイル
# sudo vi /etc/bind/hoge.link.wan


$TTL 1D
@ IN SOA dns.hoge.link. root.hoge.link. (
2018050801 ;Serial
3600 ;Refresh
1800 ;Retry
604800 ;Expire
86400 ;Minimum TTL
)
IN NS dns.hoge.link.
IN A [global IP]
IN MX 10 dns.hoge.link.

dns IN A [global IP]


内部逆引き設定ファイル
# sudo vi /etc/bind/10.168.192.db


$TTL 1D
@ IN SOA dns.hoge.link. root.hoge.link. (
2018050801 ;Serial
3600 ;Refresh
1800 ;Retry
604800 ;Expire
86400 ;Minimum TTL
)
IN NS dns.hoge.link.
IN PTR hoge.link.
IN A 255.255.255.0

130 IN PTR dns.hoge.link.


外部逆引き設定ファイル
# sudo vi /etc/bind/x.y.z.121.db


$TTL 1D
@ IN SOA dns.hoge.link. root.hoge.link. (
2018050801 ;Serial
3600 ;Refresh
1800 ;Retry
604800 ;Expire
86400 ;Minimum TTL
)
IN NS dns.hoge.link.
IN PTR hoge.link.
IN A 255.255.255.248

x IN PTR dns.hoge.link.






zabbixサーバインストール

ここへアクセス。
https://www.zabbix.com/jp/download?zabbix=3.4&os_distribution=ubuntu&os_version=bionic&db=MySQL
Install zabbix from packageでサーバをインストールする手順が見れる。
既にzabbix3.4、Ubuntu、18.04(bionic)、MySQLが選択されているはず。
するとその下の手順2番に、ダウンロード先が表示されている。

a. Install Repository with MySQL database
# wget https://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_3.4-1+bionic_all.deb
# dpkg -i zabbix-release_3.4-1+bionic_all.deb
# apt update

b. Install Zabbix server, frontend, agent
# apt install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php zabbix-agent

c. Create initial database
documentation
# mysql -uroot -p
password > rootパスワードでログインできる。
mysql> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'password'; > passwordは任意のパスワードを設定。
mysql> quit;

# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix
Enter password: > 先ほど設定したzabbixアカウントのパスワードを入力
だいぶ長い。3分くらい待つと終わった。

d. Configure the database for Zabbix server
# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword=password > passwordは任意のパスワードを設定。

e. Configure PHP for Zabbix frontend
# vi /etc/zabbix/apache.conf
php_value date.timezone Asia/Tokyo > 2か所共にコメント解除して、Asia/Tokyoに修正。

f. Start Zabbix server and agent processes
# systemctl restart zabbix-server zabbix-agent apache2
# systemctl enable zabbix-server zabbix-agent apache2

これでzabbixサーバが起動した。

他PCのブラウザから、http://192.168.xxx.yyy/zabbix へアクセスするとzabbixページが表示された。
 > Configure DB connection = MySQL、localhost、Database port=0、database name=zabbix、User=zabbixとなっているdefault状態で、先程設定したパスワードを入れ、Next Step
 > Zabbix server details = Host=localhost、Port=10051となっているdefault状態で、そのままNext Step。Nameはオプションとの事なので未記入。
 > Pre-installation summary = 以下になった。チェックし、Next Step

Database type MySQL
Database server localhost
Database port default
Database name zabbix
Database user zabbix
Database password *******

Zabbix server localhost
Zabbix server port 10051
Zabbix server name

 > Congratulations! You have successfully installed Zabbix frontend.、と出て、Finishへ

すると、以下のWelcomページになるので、Admin、zabbixでログイン。AdminのAは大文字にすること。
https://www.zabbix.com/documentation/3.4/manual/quickstart/login
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード