FC2ブログ

[Ubuntu]コマンド3

ファイルサーバ(samba)構築

# su
$ apt-get -y install samba
$ mkdir /home/share
$ chmod 777 /home/share
$ vi /etc/samba/smb.conf

# 25行目:追記
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932

# 30行目
workgroup = XXX

# 51行目: コメントを解除し、IP追記
interfaces = 127.0.0.0/8 192.168.xx.0/24

# 58行目:コメントを解除し、かつ追記
bind interfaces only = yes
map to guest = Bad User

# 最終行に追記
[share]
path = /home/share
writable = yes
guest ok = yes
guest only = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777


$ systemctl restart smbd
$ systemctl enable smbd




DLNAサーバ(minidlna)構築

# apt-get install minidlna
# vi /etc/minidlna.conf

#変更箇所
media_dir=V,/home/share
inotify=yes
notify_interval=895


# systemctl restart minidlna

これでOculus Go > ギャラリー > host名:dlna、で自動的に接続されて表示された。



フォワードプロキシサーバ構築

# apt-get update
# apt-get upgrade -y
# apt-get install squid -y

# vi /etc/squid/squid.conf

acl localnet src 192.168.0.0/16
acl localnet src fc00::/7 # RFC 4193 local private network range
acl localnet src fe80::/10 # RFC 4291 link local machines

acl SSL_ports port 443
acl CONNECT method CONNECT
http_access deny CONNECT !SSL_ports

acl Safe_ports port 80 # http
acl Safe_ports port 21 # ftp
acl Safe_ports port 443 # https
acl Safe_ports port 70 # gopher
acl Safe_ports port 210 # wais
acl Safe_ports port 1025-65535 # unregistered ports
acl Safe_ports port 280 # http-mgmt
acl Safe_ports port 488 # gss-http
acl Safe_ports port 591 # filemaker
acl Safe_ports port 777 # multiling http
http_access deny !Safe_ports


http_access allow localhost manager
http_access deny manager

http_access allow localnet
http_access allow localhost
http_access deny all

http_port 3128

coredump_dir /var/spool/squid

refresh_pattern ^ftp: 1440 20% 10080
refresh_pattern ^gopher: 1440 0% 1440
refresh_pattern -i (/cgi-bin/|\?) 0 0% 0
refresh_pattern (Release|Packages(.gz)*)$ 0 20% 2880
refresh_pattern . 0 20% 4320

strip_query_terms off
logformat combined %>a %ui %un [%tl] "%rm %ru HTTP/%rv" %Hs %h" "%{User-Agent}>h" %Ss:%Sh
access_log /var/log/squid/access.log combined


# systemctl restart squid
# systemctl enable squid

ここまできたら、クライアントPCのブラウザ設定でプロキシサーバを指定する。
Firefox > オプション > 一番下のネットワークプロキシ欄へ
 > 接続設定
 > 手動でプロキシを設定する
 > プロキシサーバのIPと、squid.confで設定したポート番号を指定

これでプロキシサーバ経由でインターネットへアクセス出来るようになった。




syslogサーバ構築

Ubuntuには最初からrsyslogがインストールされてる。
なのでconfigの設定変更から。
# vi /etc/rsyslog.conf

以下2行をコメントアウトして、syslog(UDP)を受け付けるようにする。
module(load="imudp")
input(type="imudp" port="514")


# vi /etc/rsyslog.d/70-hoge.conf
local0.*  -/var/log/hoge.log


# systemctl start rsyslog
# systemctl enable rsyslog

# vi /etc/logrotate.d/rsyslog


/var/log/debug
/var/log/messages
/var/log/hoge.log > ここに追加
{
rotate 4





リバースプロキシサーバ構築


muninインストール

# apt-get install munin munin-node
# vi /etc/munin/munin.conf

[localhost.localdomain]
 ↓
[h67.hoge.com]


# vi /etc/apache2/conf-available/munin.conf

Alias /munin /var/cache/munin/www
<Directory /var/cache/munin/www>
Require local
Options None
AuthType Basic
AuthName "Munin"
AuthUserFile /etc/munin/munin-htpasswd
Require valid-user
</Directory>

ScriptAlias /munin-cgi/munin-cgi-graph /usr/lib/munin/cgi/munin-cgi-graph
<Location /munin-cgi/munin-cgi-graph>
Require local
Require all granted
<IfModule mod_fcgid.c>
SetHandler fcgid-script
</IfModule>
<IfModule !mod_fcgid.c>
SetHandler cgi-script
</IfModule>
</Location>


BASIC認証のパスワードファイルとして以下を指定。新規に作成される。
# htpasswd -c /etc/munin/munin-htpasswd [USERNAME]

# vi /etc/munin/munin-node.conf
最終行に以下追加。

h67 [FQDN]


munin-nodeは既にActiveになっている。
# systemctl status munin-node
muninは起動しておらず、maskedになってる。
# systemctl status munin

# systemctl restart apache2

他のPCから、アクセスするとmuninのページが開いた。
スポンサーサイト

[Ubuntu]コマンド2

DNS設定

apt-get installでインストールしようとしたら、名前解決が出てないようなエラー。
以前もDNSサーバ構築した際にインストールしたはずなのだが。設定が消えてる?

とにかく状態確認すると、GlobalにDNS Servers:の欄が出てない。
# systemd-resolve --status

Global
DNSSEC NTA: 10.in-addr.arpa
16.172.in-addr.arpa
168.192.in-addr.arpa
 :


DNS設定には/etc/resolv.confを変更すると思ってたが、調べてみると
Ubuntu 17.04以降ではsystemd-resolvedがdefault動作のため、/etc/resolv.conf
を書き換えても変更されない、だった。
# vi /etc/systemd/resolved.conf

[Resolve]
DNS=192.168.10.130 8.8.8.8 > ここをコメントアウトして記入


# systemctl restart systemd-resolved

すると、Globalに設定内容が反映された。
# systemd-resolve --status

Global
DNS Servers: 192.168.10.130
8.8.8.8
DNSSEC NTA: 10.in-addr.arpa
16.172.in-addr.arpa
168.192.in-addr.arpa
 :


この後apt-get install でインストールしたら、ちゃんと出来た。DNS設定が無かった事が原因だった。



DNSサーバ構築

https://www.server-world.info/query?os=Ubuntu_14.04&p=dns

# sudo apt-get -y install bind9 bind9utils
# sudo vi /etc/bind/named.conf
include "/etc/bind/named.conf.options";
include "/etc/bind/named.conf.local";
#include "/etc/bind/named.conf.default-zones";
include "/etc/bind/named.conf.internal-zones";
include "/etc/bind/named.conf.external-zones";


# sudo vi /etc/bind/named.conf.internal-zones
   
view "internal" {
match-clients {
localhost;
192.168.10.0/24;
};
zone "hoge.link" {
type master;
file "/etc/bind/hoge.link.lan";
allow-update { none; };
};
zone "10.168.192.in-addr.arpa" {
type master;
file "/etc/bind/10.168.192.db";
allow-update { none; };
};
include "/etc/bind/named.conf.default-zones";
};


# sudo vi /etc/bind/named.conf.external-zones


view "external" {
match-clients { any; };
allow-query { any; };
recursion no;
# 外部向け正引き情報を定義
zone "hoge.link" {
type master;
file "/etc/bind/hoge.link.wan";
allow-update { none; };
};
zone "x.y.z.121.in-addr.arpa" {
type master;
file "/etc/bind/x.y.z.121.db";
allow-update { none; };
};
};


# sudo vi /etc/bind/named.conf.options


options {
directory "/var/cache/bind";
allow-query { localhost; 192.168.10/24; };
allow-transfer { localhost; 192.168.10/24; };
allow-recursion { localhost; 192.168.10/24; };

dnssec-validation auto;
auth-nxdomain no;
listen-on-v6 { none; };
};


内部正引き設定ファイル
# sudo vi /etc/bind/hoge.link.lan


$TTL 1D
@ IN SOA dns.hoge.link. root.hoge.link. (
2018050801 ;Serial
3600 ;Refresh
1800 ;Retry
604800 ;Expire
86400 ;Minimum TTL
)
IN NS dns.hoge.link.
IN A 192.168.10.[IP of DNS server]
IN MX 10 dns.hoge.link.

dns IN A 192.168.10.[IP of DNS server]


外部正引き設定ファイル
# sudo vi /etc/bind/hoge.link.wan


$TTL 1D
@ IN SOA dns.hoge.link. root.hoge.link. (
2018050801 ;Serial
3600 ;Refresh
1800 ;Retry
604800 ;Expire
86400 ;Minimum TTL
)
IN NS dns.hoge.link.
IN A [global IP]
IN MX 10 dns.hoge.link.

dns IN A [global IP]


内部逆引き設定ファイル
# sudo vi /etc/bind/10.168.192.db


$TTL 1D
@ IN SOA dns.hoge.link. root.hoge.link. (
2018050801 ;Serial
3600 ;Refresh
1800 ;Retry
604800 ;Expire
86400 ;Minimum TTL
)
IN NS dns.hoge.link.
IN PTR hoge.link.
IN A 255.255.255.0

130 IN PTR dns.hoge.link.


外部逆引き設定ファイル
# sudo vi /etc/bind/x.y.z.121.db


$TTL 1D
@ IN SOA dns.hoge.link. root.hoge.link. (
2018050801 ;Serial
3600 ;Refresh
1800 ;Retry
604800 ;Expire
86400 ;Minimum TTL
)
IN NS dns.hoge.link.
IN PTR hoge.link.
IN A 255.255.255.248

x IN PTR dns.hoge.link.






zabbixサーバインストール

ここへアクセス。
https://www.zabbix.com/jp/download?zabbix=3.4&os_distribution=ubuntu&os_version=bionic&db=MySQL
Install zabbix from packageでサーバをインストールする手順が見れる。
既にzabbix3.4、Ubuntu、18.04(bionic)、MySQLが選択されているはず。
するとその下の手順2番に、ダウンロード先が表示されている。

a. Install Repository with MySQL database
# wget https://repo.zabbix.com/zabbix/3.4/ubuntu/pool/main/z/zabbix-release/zabbix-release_3.4-1+bionic_all.deb
# dpkg -i zabbix-release_3.4-1+bionic_all.deb
# apt update

b. Install Zabbix server, frontend, agent
# apt install zabbix-server-mysql zabbix-frontend-php zabbix-agent

c. Create initial database
documentation
# mysql -uroot -p
password > rootパスワードでログインできる。
mysql> create database zabbix character set utf8 collate utf8_bin;
mysql> grant all privileges on zabbix.* to zabbix@localhost identified by 'password'; > passwordは任意のパスワードを設定。
mysql> quit;

# zcat /usr/share/doc/zabbix-server-mysql*/create.sql.gz | mysql -uzabbix -p zabbix
Enter password: > 先ほど設定したzabbixアカウントのパスワードを入力
だいぶ長い。3分くらい待つと終わった。

d. Configure the database for Zabbix server
# vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf
DBPassword=password > passwordは任意のパスワードを設定。

e. Configure PHP for Zabbix frontend
# vi /etc/zabbix/apache.conf
php_value date.timezone Asia/Tokyo > 2か所共にコメント解除して、Asia/Tokyoに修正。

f. Start Zabbix server and agent processes
# systemctl restart zabbix-server zabbix-agent apache2
# systemctl enable zabbix-server zabbix-agent apache2

これでzabbixサーバが起動した。

他PCのブラウザから、http://192.168.xxx.yyy/zabbix へアクセスするとzabbixページが表示された。
 > Configure DB connection = MySQL、localhost、Database port=0、database name=zabbix、User=zabbixとなっているdefault状態で、先程設定したパスワードを入れ、Next Step
 > Zabbix server details = Host=localhost、Port=10051となっているdefault状態で、そのままNext Step。Nameはオプションとの事なので未記入。
 > Pre-installation summary = 以下になった。チェックし、Next Step

Database type MySQL
Database server localhost
Database port default
Database name zabbix
Database user zabbix
Database password *******

Zabbix server localhost
Zabbix server port 10051
Zabbix server name

 > Congratulations! You have successfully installed Zabbix frontend.、と出て、Finishへ

すると、以下のWelcomページになるので、Admin、zabbixでログイン。AdminのAは大文字にすること。
https://www.zabbix.com/documentation/3.4/manual/quickstart/login

[Ubuntu]トラブルシューティング

apt update実行時のE: Sub-process returned an error code

Ubuntu 16.04 LTS
OSインストール直後、以下実行するとエラー。

$ sudo apt update
...
E: Problem executing scripts APT::Update::Post-Invoke-Success 'if /usr/bin/test -w /var/cache/app-info -a -e /usr/bin/appstreamcli; then appstreamcli refresh > /dev/null; fi'
E: Sub-process returned an error code



https://sekisuiseien.com/computer/10530/

こちらを参考にさせて頂き、以下を実行

# cd /tmp
# mkdir asfix
# cd asfix
# wget https://launchpad.net/ubuntu/+archive/primary/+files/appstream_0.9.4-1ubuntu1_amd64.deb
# wget https://launchpad.net/ubuntu/+archive/primary/+files/libappstream3_0.9.4-1ubuntu1_amd64.deb
# sudo dpkg -i *.deb



再度実行してみると成功した。

# apt update

アップグレードできるパッケージが678個あります。xxxx

[Ubuntu]コマンド

バージョン確認

# cat /etc/os-release


rootパスワード設定

VMware上の簡易インストールだと、rootパスワード設定はされてないようで、
以下で設定出来る。

# sudo passwd root
[sudo] password for <user名>  > 現ユーザのパスワードを入力
Enter new UNIX password:     > rootパスワード設定
Retype new UNIX password:    > rootパスワード再入力
passwd: password updated successfully

# su
これでrootになれる。


E: ロック /var/lib/dpkg/lock が取得できませんでした

# apt-get install apt-transport-https ca-certificates
E: ロック /var/lib/dpkg/lock が取得できませんでした - open (11: リソースが一時的に利用できません)
E: 管理用ディレクトリ (/var/lib/dpkg/) をロックできません。これを使う別のプロセスが動いていませんか?

# rm /var/lib/apt/lists/lock
# rm /var/lib/dpkg/lock

# apt-get install apt-transport-https ca-certificates
E: dpkg は中断されました。問題を修正するには 'dpkg --configure -a' を手動で実行する必要があります。

# dpkg --configure -a
 :
python3-louis (2.6.4-2ubuntu0.1) を設定しています ...
dpkg: 復旧不可能な致命的なエラーです。中止します:
更新した `python3-louis' のステータスをインストールできません: そのようなファイルやディレクトリはありません

なんかエラーで終わったけど、再度やってみたら成功したっぽい。
# apt-get install apt-transport-https ca-certificates



dockerインストール

# apt-get install apt-transport-https ca-certificates
 ※ 上記の対処法でインストール

# apt-key adv \
--keyserver hkp://ha.pool.sks-keyservers.net:80 \
--recv-keys 58118E89F3A912897C070ADBF76221572C52609D


16.04用のコマンド。
# echo "deb https://apt.dockerproject.org/repo ubuntu-xenial main" | sudo tee /etc/apt/sources.list.d/docker.list

# apt-get install linux-image-extra-$(uname -r) linux-image-extra-virtual

# apt-get update
 ※ これやらないと、次のdocker-engineインストールで、無いって言われる。

# apt-get install docker-engine

# service docker start

# docker run hello-world

Unable to find image 'hello-world:latest' locally
latest: Pulling from library/hello-world
 :
Hello from Docker!
This message shows that your installation appears to be working correctly.
 :
To try something more ambitious, you can run an Ubuntu container with:
$ docker run -it ubuntu bash
 :



dockerのソケットファイルへのアクセスは、rootかdocker groupである必要があるとのこと。
# usermod -aG docker bob

# systemctl enable docker

アップデートはこうやるらしい。
# apt-get update
# apt-get upgrade docker-engine



E: Problem executing scripts APT::Update::Post-Invoke-Success

Host : Windows 10 64bit
VM host: VMware Player 7.1.2 build-2780323
VM-Machine : Ubuntu 16.04LTS

# apt-get update
これをやると、上記エラーが出る。

調べると、バグらしい。
https://sekisuiseien.com/computer/10530/
https://bugs.launchpad.net/ubuntu/+source/appstream/+bug/1579712/comments/24

以下やってから再度updateしたら、確かにエラー消えた。

cd /tmp && mkdir asfix
cd asfix
wget https://launchpad.net/ubuntu/+archive/primary/+files/appstream_0.9.4-1ubuntu1_amd64.deb
wget https://launchpad.net/ubuntu/+archive/primary/+files/libappstream3_0.9.4-1ubuntu1_amd64.deb
sudo dpkg -i *.deb





OpenStack Ocataインストール

Server-worldさんの通りに進む。
https://www.server-world.info/query?os=Ubuntu_16.04&p=openstack_ocata&f=1



ZoneMinderインストール(Ubuntu 16.04 LTS)断念!!

https://wiki.zoneminder.com/Ubuntu_Server_16.04_64-bit_with_Zoneminder_1.30.4_the_easy_way

# apt update
# apt upgrade
# apt dist-upgrade
# cd /etc/mysql/
# mv my.cnf my.cnf.org
# cp -iprL /etc/mysql/mysql.conf.d/mysqld.cnf /etc/mysql/my.cnf
# vi my.cnf

[mysqld]
sql_mode = NO_ENGINE_SUBSTITUTION > 追加



# systemctl restart mysql
# mysql_secure_installation

Remove anonymous users? : y
Disallow root login remotely? : y
Remove test database and access to it? : y
Reload priviledge tables now? : y



# add-apt-repository ppa:iconnor/zoneminder
# apt update
# apt install zoneminder

unreadahead (0.100.0-19)のトリガを処理しています
処理中にエラーが発生しました:
zoneminder
E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)



https://forums.zoneminder.com/viewtopic.php?t=26494
ここで同じ問題のコメントを発見。
mysqlコンソールでuninstall plugin validate_password;をやれと言ってる。

# mysql -u root -p
 > 先ほどmysql_secure_installation実行時に設定したパスワードでログイン。
mysql> uninstall plugin validate_password;
mysql> exit


再度インストールしてみる。
# apt install zoneminder

dpkg: パッケージzoneminderの処理中にエラーが発生しました (--configure):
 サブプロセス インストール済みのpost-installation スクリプト はエラー終了ステータス255を返しました
処理中にエラーが発生しました:
zoneminder
E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)



またエラーだけど、このインストール手順やる前に、既にzoneminderインストールは別にやってたので、
既に入ってる、というメッセージが出てる。単にインストール済みだからエラーなだけかな?
先に進んでみる。

# adduser www-data video
# a2enmod cgi
# a2enconf zoneminder
# a2enmod rewrite
# chown -R www-data:www-data /usr/share/zoneminder/
# systemctl enable zoneminder
# service zoneminder start

ここでFAILとなる。
なんかzoneminderが正常にインストール出来てないように思える。

# apt-get install zoneminder
以下はどこかでコピーしたものだけど、こんな感じのエラーが出る。
Access denied for user 'zmuser'@'localhost' (using password: YES)

そもそもmysqlでzmuserなど設定してないが、以下で宣言されている。
# vi /etc/zm/zm.conf

ZM_DB_NAME=zm
ZM_DB_USER=zmuser
ZM_DB_PASS=zmpass



# mysql -u zmuser -p
これでzmpassを入力してもログイン出来ない。
って事はzmuserにパスワードが正しく設定されてない事が原因か?

# mysql -u root -p
まずはrootでログイン

mysql> set password for zmuser@"localhost"=password('zmpass');
これでパスワード設定出来た。

再度インストールしてみる。
# apt-get install zoneminder

zoneminder (1.30.4-xenial1) を設定しています ...
Use of uninitialized value SConfig{"ZM_DIR_EVENTS"} in pattern match (m//) at /usr/bin/zmupdate.pl line 81.
Use of uninitialized value in concatenation (.) or string at /usr/bin/zmupdate.pl line 81.
Use of uninitialized value in concatenation (.) or string at /usr/share/perl5/ZoneMinder/Logger.pm line 154.
Use of uninitialized value in concatenation (.) or string at /usr/share/perl5/ZoneMinder/Logger.pm line 199.
Please give a valid option
Usage:
zmupdate.pl -c, --check | -f, --freshen | -v, --version= [-u -p]

Options:
 :
dpkg: パッケージ zoneminder の処理中にエラーが発生しました (--configure):
サブプロセス インストール済みの post-installationスクリプト はエラー終了ステータス 255を返しました
処理中にエラーが発生しました:
zoneminder
E: Sub-process /usr/bin/dpkg returned an error code (1)





ZoneMinderインストール(Ubuntu 18.04 LTS)

https://bkjaya.wordpress.com/2018/05/22/how-to-install-zoneminder-v1-31-44-on-ubuntu-18-04-lts/

Ubuntu 18.04 ja desktop amd64をnormalパッケージでクリーンインストール。
nmtuiで固定IPを設定し、リンクアップ成功

# sudo passwd root
rootパスワード設定完了。

# su
rootへ

# add-apt-repository ppa:iconnor/zoneminder-master
# apt-get update
# apt install zoneminder

# cd /etc/mysql/
# mv my.cnf my.cnf.org
# cp -iprL /etc/mysql/mysql.conf.d/mysqld.cnf /etc/mysql/my.cnf
# vi my.cnf

32行目に以下追加
user = mysql
sql_mode = NO_ENGINE_SUBSTITUTION > この行を追加



# systemctl restart mysql
# mysql -uroot -p < /usr/share/zoneminder/db/zm_create.sql
Enter password: > rootパスワード入力
# mysql -uroot -p -e "grant all on zm.* to 'zmuser'@localhost identified by 'zmpass';"
Enter password: > rootパスワード入力

# mysqladmin -uroot -p reload
# chmod 740 /etc/zm/zm.conf
# chown root:www-data /etc/zm/zm.conf
# adduser www-data video
# a2enmod cgi
# a2enconf zoneminder
# a2enmod rewrite
# chown -R www-data:www-data /usr/share/zoneminder/
# systemctl enable zoneminder
# systemctl start zoneminder

# vi /etc/php/7.2/apache2/php.ini

939行目のdate.timezoneを設定する。
; http://php.net/date.timezone
date.timezone = Asia/Tokyo > コメントアウトを外し、Asia/Tokyoを記載



ブログの説明に従い、
Download the latest cambozola and extract to the Downloads directory
となっている「cambozola」のリンク先:
http://www.andywilcock.com/code/cambozola/cambozola-latest.zip
へUbuntuからアクセスして、ダウンロードする。

それを、以下へ移動。
# mv /home/bob/Downloads/cambozola-latest.zip /usr/share/zoneminder/www/
# unzip cambozola-latest.zip
# cp cambozola-0.936/dist/cambozola.jar /usr/share/zoneminder/www/

ブログではこのコマンド無いが、apache2をまだ起動してないと思うため。
# systemctl start apache2

ここでUbuntu上のブラウザからlocalhostへアクセスすると、
Apache2 Ubuntu Default Page
が表示される。
しかし、ブログで説明されてる localhost/zm/は開けない。

もしやブログの記載と違うtimezoneの設定??
# vi /etc/php/7.2/apache2/php.ini
date.timezone = Asia/Colombo > 関係ないと思うがブログの通りに修正。

# systemctl restart zoneminder
これでもlocalhost/zmは開けない。

いろいろ調べた結果、これやった。
# systemctl restart apache2
この後ブラウザでlocalhost/zm/ へアクセスしたら、ZM-Consoleが開けた。
timezoneをAsia/Tokyoに戻しても開けたので、timezoneは関係なく、
ZoneMinderを再起動してからApache2を再起動したかったのが原因かな。

[Ubuntu]DevStack AIO(1)

http://www.adoc.co.jp/blog/e000302.html

# sudo apt-get update

# sudo visudo -f /etc/sudoers
最終行に、
stack ALL=(ALL) NOPASSWD: ALL
を追加し、[Ctrl]キーと[x]キーを同時に入力し、[y]キーを入力し、[Enter]キーを入力。

# git clone https://git.openstack.org/openstack-dev/devstack

# cd devstack

# vi local.conf

[[local|localrc]]
ALL_PASSWORD=xxxxxx
FLOATING_RANGE=192.168.10.0/24
FIXED_RANGE=192.168.10.0/24
FIXED_NETWORK_SIZE=256
FLAT_INTERFACE=eth0
ADMIN_PASSWORD=$ALL_PASSWORD
DATABASE_PASSWORD=$ALL_PASSWORD
RABBIT_PASSWORD=$ALL_PASSWORD
SERVICE_PASSWORD=$ALL_PASSWORD
HOST_IP=192.168.10.240



# ./stack.sh


/home/bob/devstack/functions-common:604:die
[ERROR] /home/bob/devstack/functions-common:604 git call failed: [git clone git://git.openstack.org/openstack/keystone.git /opt/stack/keystone]
Error on exit
World dumping... see /opt/stack/logs/worlddump-2016-10-21-164949.txt for details




やり直し

http://docs.openstack.org/developer/devstack/

・Ubuntu 14.04 x86_64 をインストール。

・sudo apt-get install git

・git clone https://git.openstack.org/openstack-dev/devstack

・cd devstack/

・vi local.conf

[[local|localrc]]
ADMIN_PASSWORD=secret
DATABASE_PASSWORD=$ADMIN_PASSWORD
RABBIT_PASSWORD=$ADMIN_PASSWORD
SERVICE_PASSWORD=$ADMIN_PASSWORD



・cd tools/

・sudo ./create-stack-user.sh

・su stack
パスワードが分からずログイン出来ない。断念。

・cd ../

・sudo ./stack.sh

でも同じエラーになる。
gitでの通信に失敗するとかで、stackrcのGIT_BASE.*GIT_BASE.*gitにヒットする箇所の、
gitをhttpsやhttpにしろとの記事が多い。
けどエラー変わらず。

ファイアウォールは、sudo ufw disable で停止してる。
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード