FC2ブログ

[PC]ThinkPad無線キーボードのSキーが壊れた

うかつにも、モノを倒してキーボードに当たってしまって、Sキーが破壊された。
外れたキーを見てみると、裏側のベース基板にSキーを引っ掛けるためのプラスチップの棒が折れてしまって、引っかからない。
どう工夫しても直らないので、どうしようかと思ってたら、このサイトで1つのキーだけ売ってるとか。

https://laptopkey.com/

1万円くらいしたキーボードが使えなくなるなら、海外からの送料込みで15ドルくらい?かな。
これならやってみても良いな。どうしようか。。。
スポンサーサイト



[PC]XP-PEN Artist 12購入

お絵描きやWeb会議で手書きで説明するために、液タブなるものを購入。
板タブと迷ったが、板タブだと5000円くらいで買えるが、そもそもどこに何を書いているのか、板には表示されないのできつい。
2万円弱したが液晶タブレットにした。

だいぶ格安との事で、XP-PENのArtist 12を公式ストアから10%オフで購入。2万円弱。
キャンペーンで、ペイントソフト(OpenCanvasを選択)とPixivプレミアムの3か月使用権なるものがもらえる。
注文してから3日ほどで到着した。対応も早い。

シリアル番号でキャンペーンに申し込んだら、すぐにOpenCanvas入手方法を送ってくれた。
これも対応早くて良い。


トラブルシューティング

(OpenCanvas使用時)まっすぐ線を書いても、途中でインクがはねたように、ずれまくる。

http://www.portalgraphics.net/oc/help/oc7/faq.html

まさにこれが原因。
XP-PENのドライバの「Pentablet」なるアイコンから起動して、以下のチェックを外せば直った。
Windows付属ペイントアプリでは問題無く線が描けるので、液タブHW自体の故障でもなさそうだし、しばらく原因がわからなかった。

描いた線がジグザクになる
[WindowsInk] のチェック
ペンタブレットのドライバー設定にある [WindowsInk] のチェックを外してください。(XP-Pen 製ペンタブレットの場合)



(OpenCanvas使用時)ペン位置と書かれる座標がずれてる

http://www.portalgraphics.net/oc/help/oc7/faq.html

こちらも、よくある質問に書いてあった。
OpenCanvasのメニューから以下設定をすれば直った。

ペンと実際に描画される位置がずれる
ぺンタブレットの座標モード

ペンタブレットの座標モードを変更してください。

メニュー > [編集] > [環境設定] をクリック
[環境設定] ダイアログの左側にある [タブレット] をクリック
[座標モード] を [OS座標] に設定し、[OK] ボタンをクリック


いじった記憶はないが、なぜ突然こうなったかが疑問。昨日はふつーに使えてたのだが。

[PC]EP-805A廃インク吸収パッド限界エラー

EPSON EP-805A

廃インク吸収パッドの吸収量が限界に達しました。
お買い求めの販売店か修理センターへ、交換をご依頼下さい。


のエラーが出た。

先日出た時には、何かいじってたらなぜかエラーが消えて、その後続行出来た。
2回目の今回は、電源切るしかなく、再起動しても同じエラーで止まる。
修理費用は余裕で新品より高額になるみたいだし、どうしたものか・・・

調べた結果、費用かからずに何とか行けた。
手順はみんな書いてるように、以下の2点。

1.廃インク吸収パッドを交換 > 写真付き解説サイトを見れば30分くらい
2.廃インクカウンタのリセット > ツールさえ入手出来れば10分くらい



1.廃インク吸収パッドを交換

ここらへんを参考にさせて頂く。写真付きで大変有難い。複雑過ぎて、写真無いとわからない。
https://minkara.carview.co.jp/userid/188260/car/82243/3081342/note.aspx

EP-805Aで言うと、前面右側のEPSONロゴ付きのプラスチックプレートを外す作業になる。
インク交換時に蓋を開けるように、開けて、ねじを5本くらい取り、プラスチックカバーも3個ほど外すと、吸収パッドが引き出せる。
引き出す時は、天井側につめがあるので、そのつめを外すようにやると何とか取れるレベル。
とにかく複雑で、最後の吸収パッド入りボックスを引き出すのも最初は理解出来ないレベル。何とか出来た。

吸収パッドは純正品はもちろん無いので、コットンやらティッシュやらを敷き詰めた。
この時点でも、当初出てるエラーは消えない。
実際の吸収パッドのインクびたし状況ではなく、単純に何らかのカウンタ値でエラーを出しているみたいなので、
電気的にカウンタ値をリセットしてやらないとプリンタは使えない状態。


2.廃インクカウンタのリセット

調べてみると有名なのは以下ツールかな。

WIC Reset Utility
https://www.2manuals.com/product_info.php?cPath=102&products_id=1149

実際にインストールしてみて、本当に廃インクカウンタ値がフルなのか確認してみる。

1.まずはプリンタをUSBケーブルでPCと接続。無線LANではこのツールで検出出来なかったため。
2.WIC Resetを起動すると、ツールウィンドウ以外にポップアップが出る。
  ちゃんと認識してれば下のリンク先の一番上にSelect EP-805Aなどと出てるはず。それをクリック。
3.進んでいっても、実際にカウンタリセットには9.99$要求されるので、ここではClose Assistant for this sessionを選択してポップアップを閉じる。
4.ツールウィンドウの右側上の方に、Read Waste Counterとあるのでクリック。そうすると現在のカウンタ値が確認できる。
   → 確かに100%以上になってる。



このツールは使い勝手が良さそうだが、問題は金を払うべきかどうか、という事。
購入するならどこからが良いのか?
ツール経由でBUYを押すと、リンク先でPaypalやクレジットカードでの支払いが出来る。日本円で1300円くらいだった。
また、いろいろ調べてみるとこのツールのリセットKEYを販売してる日本の会社(代理店?)もいるようだ。こちらは1080円とか。

いろいろ調べた結果、無償でリセット出来る方法を発見。
(途中経過は省略。)
こうしてリセットツールにて確かにプリンタのカウンタ値がリセットされ、そのまま待ってるとエラーメッセージも消えた。
USB接続してたためか、無線LAN経由での接続にとまどったが、再度コントロールパネルのプリンタ追加から認識させれば正常動作した。

これにて長らく使い続けたEP-805Aを継続して使う事が出来るようになった。
おそらく懸念事項は、純正の吸収パッドを使ってないので、次回、カウンタ値が100%以下でもインクがあふれるような事態になるかもしれない、という事。

無償で使える範囲として、WIC Reset Utilityを使って、定期的にカウンタ値を把握していけば良いかな。

[PC]無効化したマイクの有効化

コントロールパネル > サウンド > 録音 > ここでデバイスを無効化すると消える

管理者権限無いと有効化(再インストール?)出来ないのか?と思ったが、
単に以下の手順で有効化できた。

録音タブのデバイス表示欄(今は何も表示されてない)の上で、
右クリック > 無効なデバイスの表示 > 対象デバイスで右クリック > 有効化
で元に戻った。

[PC]x399でNVMe RAID(成功)

NVMe RAIDをやってみたくなり、自作してみた。

構成

OS: Windows 10 Pro 64bit
M/B: ASRock X399 Phantom Gaming 6  https://www.asrock.com/MB/AMD/X399%20Phantom%20Gaming%206/index.jp.asp#Specification
CPU: AMD Ryzen Threadripper 1900X  https://www.amd.com/en/products/cpu/amd-ryzen-threadripper-1900x
Memory: DDR4 16GB x 2

①SSD: addlink S70 NVMe SSD M.2 x 3pcs (RAID0)  https://www.addlink.com.tw/pcie-s70-new?lang=ja

②SSD: エンタープライズSSD SATA6G x 5pcs (RAID0)


初期セットアップ注意点

・NVMe RAIDのAMDドライバは現状Windowsのみ。残念ながらLinux版は見つからず。
・UEFIメニューでSATA=RAID、NVMe=RAIDと設定すると、再起動後にNVMe RAID構築メニュー(Xpertとかいうやつ?)が出現。そこでRAIDアレイを作れる。
  ※ その他IOMMU=Disabledにしたが、これは必要ないかも。
・Windowsインストール時に、UEFIで作ったRAIDアレイがばらばらにされてる。
 インストール先ディスクにおいて、ドライバの読み込みでrcbottom、rccfg、rcraidを3つとも読み込むとRAIDアレイが戻った。
 X399 Drivers & Support > AMD RAID Driver (SATA, NVMe RAID)
 https://www.amd.com/en/support/chipsets/amd-socket-tr4/x399


ATTO Disk Benchmark① (NVNe RAID0 x3pcs)

ベンチマーク結果から、Writeは8GB/s近い、Readは10GB/s近い
PCIe GEN3 x1laneの有効帯域が0.9846GB/sとの事だから、この製品はx4レーンで、x3 RAID0.
0.9846GB/s x 4レーン x 3本 = 11.8152GB/sが理論値。
さらに、製品紹介を見ると、最大Read3500MB/s、最大Write3000MB/sが公称値となってるから、
3本RAID0では最大Read 10.5GB/s、最大Write 9GB/sが想定される最大値となる。
まあまあ、最大値に近いし、これは頑張った方なのでは?


ATTO_x399_NVMe_RAID0


ATTO Disk Benchmark② (SATA RAID0 x5pcs)

ベンチマーク結果から、Writeは最大約2GB/s、Readは最大約2.5GB/s
SATA6Gの理論値が600MB/sだから、RAID0で600MB/s x 5本=3GB/sが理論値。
製品紹介ページから、Read 500MiB/s、Write 400MiB/sのようなので、5本RAID0でそれぞれRead 2.5GB/s、Write 2GB/sが想定される最大値。
ばらつきはあるが、公称値とほぼ同等の数値をRAID0でも発揮してる安定性を見ると、さすがエンタープライズ品って事かな。

x399_SATA_RAID0
カレンダー
06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード