FC2ブログ

[PC]QNA-T310G1T

ThinkPad x280のThunderboltポートを有効活用するために、
QNAPのTB3 to 10GbEアダプタを買ってみた。

QNA-T310G1T
https://www.qnap.com/ja-jp/product/qna-tb-10gbe

日本のAmazonで買うとイラっとするくらい高いけど、米Amazonで買えば輸送費入れてもけっこう安く買える。

さっそく使ってみる。

1.まずは開封。MAC用シールが貼ってあるせいか、白基調の非常にきれいな箱。
  入ってるセットアップガイド見ると、やはり10GチップはAquantiaだね。今はMarvelだけど。
2.x280を起動しておく。
3.QNA-T310G1Tをx280に接続。USB type Cケーブルの左右は関係ないみたい。
4.「xxx変更を許可しますか?」と出るのでYES
5.Thunderboltデバイスの承認 > 接続したいデバイスを選択してください = 常に接続 > OK
6.イーサネットコントローラをセットアップしています、とメッセージ出る。 > セットアップ完了、とメッセージ出る。
7.コントロールパネル > ネットワーク接続 > TAP-Windows Adapter V9というアダプタ名で認識

しかし、NETGEAR XS505Mに接続してもPHYがリンクアップしてくれない。
(ネットワーク接続で「ネットワークケーブルが接続されていません」となってる。PHYがリンクアップすればここは有効になるはず)
NETGEAR XS708Eも同じく、リンクアップしない。

製品の箱に書いてあった、Aquantiaドライバ入手先にいってもホームページがなくなってる。
Marvellのサイトにあった。

https://www.marvell.com/support/downloads/driverSearchResults.do
2019/11/12 Marvell AQtion Windows 64-bit Driver   2.1.19

ドライバ更新しようとしても、既に最適なドライバーが入ってる、と言われるので、一度ドライバを削除してから入れる。

8.デバイスマネージャで、TAP-Windows Adapter > プロパティ > デバイスを削除(ドライバ削除にチェック)
9.Marvellサイトから入手したドライバzipを解凍して、その他の欄で?になってるネットワークコントローラ > ドライバインストール時に指定
10.するとデバイスマネージャ上でQNA-T310G1Tとして認識された。
11.そのまま待ってるとXS505Mとリンクアップした。XS708Eともリンクアップ成功。


x280 --> QNA-T310G1T --> XS505M --> h170(X520-DA2)※sambaサーバ

この構成でCentOS iso 6GBをコピーしてみた。
最初は150MB/sで、1GbEの理論値はこえてるので、10G接続なんだけど遅いなと思ってたら、途中から最後までは404MB/sだった。

QNA-T310G1TのJumbo Packet設定をDisableから16384Bytesに変更しても最高速は406MB/sとほぼ変わらず。
尚、中盤から終盤までは下限は150MB/sまでを下がったり404MB/s付近に上がったり、不安定。

sambaサーバNIC(X520-DA2)のMTU設定を16384Bytesにしてみても最高速は404MB/sだが、今度はほぼずっと404MB/sを保つようになった。

x280はNVMe SSD使ってて、h170はSATA SSD RAID0 x 5本なので、もっと性能出ても良い気がするが。
fioでWrite性能が120MB/s程度にしかなってないので、何か問題があるのか、そもそもメーカーが公表してるスペックとの条件違いか。
スポンサーサイト



[PC]LHR-4BRHEU3 HDD換装(作業中)

HDD1TB x 4本、RAID0では容量が足りなくなってきたので、HDD 2TB x 4本に換装する。

まずは稼働中の本製品をPCから安全に取り外し、電源をOFF。
次に全編パネルを開いて、HDDを取り出す。(中にある鉄板プレートも上の2つのフックを下方向に下げれば引き出せる)
新HDDへ、引き出し用のプラスチックプレートを付け替える。
新HDDを本製品へ装着。
電源ONすると、PCに自動的に認識されたので、念のため余計なパーティションは全て削除しておく。
 コントロールパネル > 管理ツール > コンピュータの管理 > ディスクの管理
PCからDeviceの取り外し、を行う(PCからの認識を外さないと後述の背面RAIDボタン長押しが機能しない)
PCからDevice認識を外した状態で以下の初期設定手順に従いRAID0にする。

ユーザーズマニュアル 2.5.1 ボリューム構成を設定する
https://dl.logitec.co.jp/downloadfile/DLfile/LST-M/LHR-4BH_um_v05.pdf

具体的には以下。
 1.前面MODEボタン長押し(3秒以上) > MODEが点滅する
 2.MODEボタンを数回押してRAID0の所までもっていく > RAID0が点滅
 3.背面RAIDボタン(プレートを外すと見える)を長押し(5秒以上) > 本体の電源が切れる
    ※ ただし、前面LED見てみると電源LEDがオレンジについた状態。
      ここで前面電源LEDを長押しすると完全に切れた。
 4.前面電源ボタンを一回押すと起動する。


これで行けると思ったが、起動するとRAID0でなく、ディスクの管理画面でSINGLEで認識された。
原因解析中。

その後も同じ手順で、MODE長押し > RAID0設定 > RAIDボタン > 電源ON
を繰り返したら、なぜかRAIDボタンで電源が完全に消える時があった。
そこから電源ONすると、ディスクはRAID0として1つのドライブで認識された模様。
しかし、ディスクの管理から、ディスクの初期化を行うと、GPT、MBR共にエラーとなる。

[PC]HD-WLU3/R1 FW更新

RATOC RS-EC32-U3R同様、2TB x 2本から3TB x 2本にしたいが、同じ症状でエラー出てる。
FW更新したら行けるのでは?と思いやってみる。

https://www.buffalo.jp/support/download/detail/?dl_contents_id=60864

ここから、ファームウェア アップデーター(Windows) をダウンロード。
hd-wxu3_rev121.exe

製品をWindows PCに接続した状態で、このツールを実行すると自動的に以下認識された。

現在のバージョン: V03L01R06-10:1
新しいバージョン: V03L01R11-10:1



アップデートボタンで進み、出力されたメッセージの通り、以下手順で再起動する。

1.タスクトレイにあるハードウェアの取り外しアイコンで、PCから本製品を取り外す。
2.背面の電源スイッチをOFF(OFF側へ) > 全てのランプ消灯 > 再度電源スイッチON(AUTO側へ)



すると、ブザーが鳴り、コンピュータの管理、ディスクの管理、の画面を開くとディスクの初期化ウィンドウが自動的に出た。
しかし、元のように、GPTでもMBRでもエラー。
このFWでも3TB x2本は認識できないのかな?

[PC]RS-EC32-U3R FW更新

2TB x 2本のRAID0で運用してきたが、容量不足により3TB x 2本に換装してみる。

RATOC RS-EC32-U3R
http://www.ratocsystems.com/products/subpage/rsec32u3r.html

しかし、単にHDDを入れ替えてWindows PCに接続すると、以下状態

コントロールパネル > 管理ツール > コンピュータの管理 > ディスクの管理
製品に接続したHDD 2本が「初期化されてません」となる。

ディスク3,4で右クリック > ディスクの初期化 > GPT > OK > 以下エラーになる。
「指定されたディスクは、サイズがGPTディスクの最小要件未満のため変換できません。」

ディスク3,4で右クリック > ディスクの初期化 > MBR > OK > 以下エラーになる。
「デバイスで重大なハードウェアエラーが発生したため、要求が失敗しました。」

RATOCページ調べるとFWが古いらしい。
http://www.ratocsystems.com/services/driver/case/rsec32u3r_firm.html
FW改善ポイントで
「Advanced Format Technologyを採用したHDDで、4TBを超えるRAID0ボリュームが正しく構築できない不具合を修正しました。」
とあった。
今挿入してるのは3TB x 2本=6TBだし、これに該当するのでは?と思い、FW更新する事にする。

上記ページから以下をダウンロードして実行。
RATOC-RS-EC32-U3R Firmware Updater-020B.exe

製品(HDD入り)をWindows PCに接続した状態でこのツールを実行すると、以下になった。

製品名: RATOC RS-EC32-U3R
ファームウェアバージョン: Ver: 02.03 -> Ver: 02.0B


あとは更新ボタンを押してしばらく待つ。1分ほどで更新完了。
表示されたメッセージ通りに、製品の電源を切ってから再接続してみる。
(FW更新ツールを閉じて、そのまま製品裏面の電源スイッチをOFF -> ON)

すると、コンピュータの管理の画面で、今度は2794.52GBとして2本認識された。
(さっきは容量不明となってた)
この時、製品の動作モードはSINGLEになってる。余計なボリュームを削除し、未割り当てボリュームにする。

以下を参考にRAID0に設定し直す。
https://www.ratocsystems.com/pdffile/case/rsec32u3r_v2.pdf
ユーザーズマニュアル
8 動作モード選択ボタンでのRAID作成

作業手順は以下だが、Windows PCに接続した状態でやってもRAIDモードは変更出来なかった。

動作モード選択ボタンを3秒以上長押し > 全てのモードのLEDが点灯 > 選択ボタンを何回か押して、RAID0のLEDを点灯させる > モード選択ボタンを3秒以上長押し > 動き出す音がするのでそれで長押しを終了した


なので、デバイスの取り外しでSINGLEドライブを切り離してから、USBケーブルを抜いた。(電源はONのまま)
ここから上記手順を行うと、モード選択出来た。
しばらく待ってから、USBケーブルでWindows PCに接続し直すと、何も起きないので、コンピュータの管理から
ディスクの管理の画面を開く。
すると、ディスク3として認識されたドライブの「ディスクの初期化」ウィンドウが自動的に開いた。
2TB以上なのでGPTパーティションを選択し、OKボタン。

これで5589.02GBの未割り当て状態で初期化が完了。

(RAID0モードに設定する前に、SINGLEモードの状態でドライブのパーティション見たら、1本は全てパーティション削除出来て1つの未割り当て状態へ、もう1本は2TBと700MBくらいに分割された状態だった。
この状態からRAID0モードに設定してここまで進んだら5.5TBのRAID0ボリュームになったので、つまりパーティションは残したままでRAID0モードに切り替えても、勝手にパーティションは削除してくれるって事だな。)

この後は、右クリック > 新しいシンプルボリューム > ボリュームラベルは元々のIを選択 > ファイルシステムはexFAT > フォーマット実施

これで3TB x 2本 RAID0のUSB外付ドライブに出来た。

[PC]TB3外付ドライブ自作(調査中)

あけましておめでとうございます。

4TBくらいの個人データを管理してるが、外付USBドライブがフルになってきたので、
増設作業中。
しかし、コピーが遅すぎる。USBってよりはHDDの速度なのかな。

オールフラッシュを検討したいが、10GbEであっても通信ポートがボトルネックになる事は予想できるので、
Thunderbolt3(40Gbps)を使って、外付けドライブ(ストレージ)を自作できないか?と考え中。

しかし、PCIe接続のTB3拡張カードは比較的安く買えるのに、これってホスト側(マスター側)だよな。
ターゲット側(スレーブ側)になるための方法を探してるのだが、唯一見つかったのは
「MAC PCを使ってれば、ターゲットディスクモード(Target Disk Mode)のサポートしててMAC PCを外付けドライブのように扱える」
との事。

しかし、Linuxなどでは方法が見つからず。
4TB分の市販品を買うのは金銭面で現実的でないので、何とか自作したいのだが。。。
カレンダー
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード