FC2ブログ

[PC]x399でNVMe RAID(成功)

NVMe RAIDをやってみたくなり、自作してみた。

構成

OS: Windows 10 Pro 64bit
M/B: ASRock X399 Phantom Gaming 6  https://www.asrock.com/MB/AMD/X399%20Phantom%20Gaming%206/index.jp.asp#Specification
CPU: AMD Ryzen Threadripper 1900X  https://www.amd.com/en/products/cpu/amd-ryzen-threadripper-1900x
Memory: DDR4 16GB x 2

①SSD: addlink S70 NVMe SSD M.2 x 3pcs (RAID0)  https://www.addlink.com.tw/pcie-s70-new?lang=ja

②SSD: エンタープライズSSD SATA6G x 5pcs (RAID0)


初期セットアップ注意点

・NVMe RAIDのAMDドライバは現状Windowsのみ。残念ながらLinux版は見つからず。
・UEFIメニューでSATA=RAID、NVMe=RAIDと設定すると、再起動後にNVMe RAID構築メニュー(Xpertとかいうやつ?)が出現。そこでRAIDアレイを作れる。
  ※ その他IOMMU=Disabledにしたが、これは必要ないかも。
・Windowsインストール時に、UEFIで作ったRAIDアレイがばらばらにされてる。
 インストール先ディスクにおいて、ドライバの読み込みでrcbottom、rccfg、rcraidを3つとも読み込むとRAIDアレイが戻った。
 X399 Drivers & Support > AMD RAID Driver (SATA, NVMe RAID)
 https://www.amd.com/en/support/chipsets/amd-socket-tr4/x399


ATTO Disk Benchmark① (NVNe RAID0 x3pcs)

ベンチマーク結果から、Writeは8GB/s近い、Readは10GB/s近い
PCIe GEN3 x1laneの有効帯域が0.9846GB/sとの事だから、この製品はx4レーンで、x3 RAID0.
0.9846GB/s x 4レーン x 3本 = 11.8152GB/sが理論値。
さらに、製品紹介を見ると、最大Read3500MB/s、最大Write3000MB/sが公称値となってるから、
3本RAID0では最大Read 10.5GB/s、最大Write 9GB/sが想定される最大値となる。
まあまあ、最大値に近いし、これは頑張った方なのでは?


ATTO_x399_NVMe_RAID0


ATTO Disk Benchmark② (SATA RAID0 x5pcs)

ベンチマーク結果から、Writeは最大約2GB/s、Readは最大約2.5GB/s
SATA6Gの理論値が600MB/sだから、RAID0で600MB/s x 5本=3GB/sが理論値。
製品紹介ページから、Read 500MiB/s、Write 400MiB/sのようなので、5本RAID0でそれぞれRead 2.5GB/s、Write 2GB/sが想定される最大値。
ばらつきはあるが、公称値とほぼ同等の数値をRAID0でも発揮してる安定性を見ると、さすがエンタープライズ品って事かな。

x399_SATA_RAID0
スポンサーサイト



[PC]X399でNVMe RAID(トライ)

X399マザーボードでNVMe RAIDをやってみる

ASRock X399 Phantom Gaming 6
https://www.asrock.com/mb/AMD/X399%20Phantom%20Gaming%206/index.jp.asp

PC起動 > DEL > BIOS画面へ
BIOSメニュー > Advanced > Storage Configuration > SATA Mode > RAID Mode
BIOSメニュー > Advanced > AMD PBS > NVMe RAID mode > Enabled
一度Saveして再起動
BIOSメニュー > Advanced > RAIDXper2 Configuration Utilityが現れた > Array Management > Delete Array
 ※ 現状全て1本づつのArrayになってる様なので、まず最初にDelete Arrayをする。
Delete Array > RAIDを構築対象のSSDを全てEnabledにする > Delete Arrayを選択してEnabledにして実施
Delete ArrayをするとCreate Arrayが出来るようになる
Array Management > Create Array > Select RAID Level = RAID0 > Select Pysical Disks = NVMe SSDを全て選択、その他の設定はdefaultでCreate Array実行
BIOSメニューからSave & Exitで終了。

PC再起動する前に、UbuntuインストーラUSBを接続。
(UbuntuインストーラDVDだと、上記でSATAモードをRAIDにしてるので、DVDドライブを認識できない)
PC起動してUbuntuインストーラを起動。
Ubuntuインストールメニューに従い進むと、インストール先ドライブとして、NVMeディスクは3枚見れるが、先ほど作成したRAIDになってない。
てきとーにNVMe SSDを1つ選択してインストール終了して、再起動してみても、やはりNVMe SSD 1本にUbuntuが入っただけ。

以下にあるドライバを使わないとダメって事か?
そもそも以下はWindows用って書いてあるから、WindowsでしかNVMe RAIDはできないって事かな?

X399 Drivers & Support
https://www.amd.com/ja/support/chipsets/amd-socket-tr4/x399


<補足>
・Windows 7インストーラUSBからインストールしても同じく、NVMe SSDがばらばらに見えるだけ。Ubuntuと同じ結果。
・AMD X399 DriverをUSBメモリ(FAT32)に保存してBIOS上でドライバインストールしようとしても、見つからない、と出る。

[PC]AvastからAviraへ変更

ユーザーのWeb閲覧データを子会社を通じて販売か、とのこと。
https://japanese.engadget.com/jp-2020-01-28-avast-web.html

ウィルスソフトはAvastをやめて無償Aviraを使ってみよう。

[PC]X399 Phantom Gaming 6が動かない

高速なストレージサーバ作ろうと思って、X399 Phantom Gaming 6マザーボードを年末年始セールで22980円で買った。
しかし、電源入れてもうんともすんとも・・・LEDも光らない。

電源は他のマザーボードで動いた。。。
初期不良か・・・

[PC]QNA-T310G1T

ThinkPad x280のThunderboltポートを有効活用するために、
QNAPのTB3 to 10GbEアダプタを買ってみた。

QNA-T310G1T
https://www.qnap.com/ja-jp/product/qna-tb-10gbe

日本のAmazonで買うとイラっとするくらい高いけど、米Amazonで買えば輸送費入れてもけっこう安く買える。

さっそく使ってみる。

1.まずは開封。MAC用シールが貼ってあるせいか、白基調の非常にきれいな箱。
  入ってるセットアップガイド見ると、やはり10GチップはAquantiaだね。今はMarvelだけど。
2.x280を起動しておく。
3.QNA-T310G1Tをx280に接続。USB type Cケーブルの左右は関係ないみたい。
4.「xxx変更を許可しますか?」と出るのでYES
5.Thunderboltデバイスの承認 > 接続したいデバイスを選択してください = 常に接続 > OK
6.イーサネットコントローラをセットアップしています、とメッセージ出る。 > セットアップ完了、とメッセージ出る。
7.コントロールパネル > ネットワーク接続 > TAP-Windows Adapter V9というアダプタ名で認識

しかし、NETGEAR XS505Mに接続してもPHYがリンクアップしてくれない。
(ネットワーク接続で「ネットワークケーブルが接続されていません」となってる。PHYがリンクアップすればここは有効になるはず)
NETGEAR XS708Eも同じく、リンクアップしない。

製品の箱に書いてあった、Aquantiaドライバ入手先にいってもホームページがなくなってる。
Marvellのサイトにあった。

https://www.marvell.com/support/downloads/driverSearchResults.do
2019/11/12 Marvell AQtion Windows 64-bit Driver   2.1.19

ドライバ更新しようとしても、既に最適なドライバーが入ってる、と言われるので、一度ドライバを削除してから入れる。

8.デバイスマネージャで、TAP-Windows Adapter > プロパティ > デバイスを削除(ドライバ削除にチェック)
9.Marvellサイトから入手したドライバzipを解凍して、その他の欄で?になってるネットワークコントローラ > ドライバインストール時に指定
10.するとデバイスマネージャ上でQNA-T310G1Tとして認識された。
11.そのまま待ってるとXS505Mとリンクアップした。XS708Eともリンクアップ成功。


x280 --> QNA-T310G1T --> XS505M --> h170(X520-DA2)※sambaサーバ

この構成でCentOS iso 6GBをコピーしてみた。
最初は150MB/sで、1GbEの理論値はこえてるので、10G接続なんだけど遅いなと思ってたら、途中から最後までは404MB/sだった。

QNA-T310G1TのJumbo Packet設定をDisableから16384Bytesに変更しても最高速は406MB/sとほぼ変わらず。
尚、中盤から終盤までは下限は150MB/sまでを下がったり404MB/s付近に上がったり、不安定。

sambaサーバNIC(X520-DA2)のMTU設定を16384Bytesにしてみても最高速は404MB/sだが、今度はほぼずっと404MB/sを保つようになった。

x280はNVMe SSD使ってて、h170はSATA SSD RAID0 x 5本なので、もっと性能出ても良い気がするが。
fioでWrite性能が120MB/s程度にしかなってないので、何か問題があるのか、そもそもメーカーが公表してるスペックとの条件違いか。
カレンダー
03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード