FC2ブログ

NiosII IDEのビルドでハマル

先日、以下構成でLEDちかちかに成功した。
  NiosII /e、On-Chip SRAM、PIO
今度は、LCDタッチパネルに何か表示させるために作業中。
何をどうして良いのかよく分からんので、とりあえずNEEKのデモデータを掘り出し、以下を参照して
SOPC Builderの構成をマネした。
  /cygdrive/c/Altera/80/kits/cycloneIII_3c25_niosII/demos/picture_viewer/cycloneIII_embedded_evaluation_kit_picture_viewer_sopc.sopc

マネして作った構成は以下。「lcd_sgdma」より下はマネした構成そのまま。正しいか不明。
でもこれで画像表示&タッチパネルのデモが動いてるって事はLCDに表示出来てるんだろう。

SOPCB_TREE_LCD_TEST_091128

LEDちかちかと同様にNiosII IDEプロジェクトを作ってビルドしたがなぜかエラーになる。
結果、以下成功例のように「Debug」から「Release」に変更してビルドOKになったのだが、
これを備忘録として書こうと思い、もう一回「Debug」でビルドしてみたらパスしてしまった。

そもそもこの設定はソフト熟練者が見たらどっちが正しいか分かるものなんだろうか?
うーん、ソフトの方はまだまだ良く分からない。なので作業が当てずっぽうで設定総当り的な
デバッグになってしまう。これはハマッタ・・・まあ、パスしたので先に進もう。

■エラーになった場合
 「alt_main」とか「main is undefined」とかいうエラーが出ていたはずなのだが・・・

■正常にビルド出来た場合
<設定>
・NiosII IDE > _syslibで右くり > Property > C/C++ Build > Configuration
       > 「Debug」から「Release」へ変更。

<結果>
**** Build of configuration Debug for project nios_test ****

make -s all includes
Compiling nios_test.c...
Linking nios_test.elf...
Info: (nios_test.elf) 3312 Bytes program size (code + initialized data).
Info: 4880 Bytes free for stack + heap.
Creating generated_app.sh...
Post-processing to create onchip_memory2_0.hex
Hardware simulation is not enabled for the target SOPC Builder system. Skipping creation of hardware simulation model contents and simulation symbol files. (Note: This does not affect the instruction set simulator.)
Build completed in 4.672 seconds
カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード