FC2ブログ

[PC]ISEやQuartusが爆速になるPC知りませんか?

通常使うPCはCore2Duo 3.0GHz。これでMico32含むコンパイルが大体30分くらい。確か。
以前使ったLinux(RHEL v3 64bit)はAMD 3.2GHz x DualCore(確かOpteronだったかな?)でも
ISEのコンパイル時間はそれほど変わらない。
今使っているWindowsマシンのスペックは以下。
    CPU: Core2Duo 3.0GHz
    HDD: 1TB x 2個(RAID0)
    マザーボード: GIGABYTE GA-G33-DS3R
    メモリ: DDR2 PC2-6400 2GB x 2枚=4GB
    OS: Windows XP Home Edition 32bit
    ISE: ISE WebPack 11.1
    Quartus: Quartus WebEditon 9.0

ISEやQuartusのコンパイル時間を大幅に短縮するには、どんなPCを使えば良いのか?
コンパイル時間が5分とか10分になれば作業がもっと楽しくなるのだが。
速度上がりそうな要因を列挙してみると・・・

  ・HDDプラッタ容量UPし、相対的により多くのデータにアクセス出来るようにする。
  ・HDDからSSDへ置き換え。
  ・CPUをDualCoreからQuadCoreへ。
  ・CPUをオーバークロックし、周波数を爆速にする(4GHzとか)。
  ・メモリをDDR2 -> DDR3にする。
  ・マザーボードのFSBを上げる。
  ・RAMディスクを導入し、全てRAM上で動かす。
  ・OS、ISE、Quartusを64bit版にする。

どこにコンパイル時のボトルネックがあるのでしょう。
感覚的には、シングルコアでもめちゃ周波数が早いCPUを使うのが効果的と感じてますが。
こんな事調べて、ハード設計するのに最適なマシン組んだ方いますか?ぜひ教えて欲しいです。

(2009/12/30追記)
上記以外に以前から特に気になる点は、CPUのキャッシュサイズ。
周波数ほぼ変わらず、FSBとL2キャッシュの増加だけで(本当にそれだけかは知らない)、こんな値差。

<12/30価格.com調べ>
Core2 Duo E8500 Freq=3160MHz FSB=1333MHz L2C= 6144KB \17,295
Core2 Extreme QX9775 Freq=3200MHz FSB=1600MHz L2C=12288KB \149,939

Extreme買ったらインプリ爆速になるのだろうか?
どっかのCPU本見たら、
   L1キャッシュ=容量少ないが高速なキャッシュヒットが目的
   L2キャッシュ=容量多くしてミスヒット低減が目的
こんな説明があったと記憶。ミスヒット低減はL3の役目だったかもしれないけど。
キャッシュ構造(ダイレクトマップとかnウェイセットアソシアティブ)とキャッシュサイズ変えて規模大きくなる
代わりにスペックが大幅に上がるのかも。(Extremeだけキャッシュ構造違うとかいう情報知らないが)
またISEやQuartusは現在マルチコアで分散処理なんてしてないと認識(※)。
だからシングルコアでも良いから周波数高い方がインプリ時間短いと思う。
Extremeの値段は買う気が失せるので比較する気は無いけど、どこかの富豪が比較されたデータ転がってないかな?

 ※ 実際にはISEはv11でマルチスレッド対応してるみたい。以下URL参照。
   でもどっかのブログで試した人がいて、v11.2ではほぼ効果無しって結果を書いてたな・・・

    http://japan.xilinx.com/support/answers/33340.htm
スポンサーサイト



カレンダー
10 | 2009/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード