FC2ブログ

[NEEK][動画再生]インテルHEX形式

 http://www.altera.com/literature/hb/nios2/qts_qii55006.pdf

NEEKデモ回路を真似たLCD表示回路(上の資料page1 Figure 25–1の接続図)を使用。
図の左側のVideo bufferには、テスト用だけの目的でOn-Chip SRAMを使用。適当なデータを入れておいて、NEEK出力端子
(RGB_OUT_*)から正しく出力されるようにSGDMA部のソフトを作成中。

最初はVideo Bufferへ、Simの最初にテストデータをWriteしてからデバッグしていたが、余計なSim時間がかかるので
SRAM初期値を作成する事にした。hex形式との事で、中身を見ると以下の感じで、ツールが生成したファイルではデータ
が全て0(以下抜粋)。左端がアドレス、右端は何かのデータ、間がデータ部。全ての行のデータ部に適当な値を
入れたがSim結果では何故か「データ一行目」は読み出せるが、その後は全て0x00になってしまう。なぜ?

:020000020000FC
:200000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000E0 → データ一行目
:200004000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000DC
:200008000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000000D8
            :

けっこう悩んだ後、ModelSim-Altera StarterのMSGウィンドウに以下エラー出ている事に気付く。
あらま、Simが止まらずに実行出来てたので、てっきり問題無いものとして確認しなかった。

  # ERROR: ../vram.hex, line 2, Invalid checksum.

なるほど、以下のページ見ると詳しく書いてあり、最後の8bitはchecksumか。

 http://www.necel.com/faq/ja/mi_com/f_com_deve.html (開いて「HEX」で検索)

左端のアドレス部からデータ部までの、8bitで区切ったデータ組を全て加算して、下位8bit=0x00になるように
checksum値を決めれば良いそうだ。確かにそうしたらModelSimでもエラーが消えた。
(必要なアドレスまでchecksum値を修正して、残りは未使用だし、Sim実行出来るからERRORのままとした)
スポンサーサイト



カレンダー
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード