FC2ブログ

[NiosII]SBT for Eclipseの手順を覚える

SBTウィンドウ > File > New > NiosII Application
プロジェクト名(例:hoge)を書いて、BPSのcreateボタン実行。
起動したウィンドウで、BSPプロジェクト名(例:hoge_bsp)入力。
 > SOPC Info選択。 > Finish > [BSP Build complete]と出る。
Use default locationのチェック外す。 > プロジェクトDIRをブラウズ。 > Finish
 > 何やら実行され、Windows7の場合、変更してOK or NGの確認ウィンドウ出るのでOK。

ここで以下出てエラー終了。まだmain含んだCソース置いてないから?

c:/・・・/hogehoge_bsp/HAL/src/alt_main.c:154: undefined reference to `main'
collect2: ld returned 1 exit status
make: *** [hogehoge.elf] Error 1

(2011/4/5追記)
エラーは消えて、buildは成功したのだが、Run As > NiosII Hardwareからダウンロード
しようとすると、エラーとなる。
SystemIDが無いとか言われているような。でも設定でIgnore SystemIDっていうのをチェック
したのだが。Webエディションだから、Win7 64bit未対応とか?
(NiosII IDEは64bitでバグッた画面だったけど、Eclipseの方は正常動作に見えるが)

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 2 0 2011-04-05 22:00:50.532
!MESSAGE Expected base address of system ID component is undefined.

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 2 0 2011-04-05 22:00:50.532
!MESSAGE Expected base address of system ID component is undefined.

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 2 0 2011-04-05 22:00:56.434
!MESSAGE Expected base address of system ID component is undefined.

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 2 0 2011-04-05 22:00:56.435
!MESSAGE Expected base address of system ID component is undefined.

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 4 0 2011-04-05 22:00:56.517
!MESSAGE No Byte Stream Services found for Nios II Console View

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 1 0 2011-04-05 22:00:56.518
!MESSAGE Executing: [C:\Windows\system32\cmd.exe, /C, C:/altera/10.1/quartus\bin\cygwin\bin\bash.exe, -c, nios2-download '--cable=USB-Blaster on localhost [USB-0]' --device=1 --instance=0 --stop --accept-bad-sysid]

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 4 0 2011-04-05 22:01:01.140
!MESSAGE Failed Executing: [nios2-download, '--cable=USB-Blaster on localhost [USB-0]', --device=1, --instance=0, --stop, --accept-bad-sysid] return code: 4, 'other error'

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 1 0 2011-04-05 22:01:01.141
!MESSAGE Executing: [C:\Windows\system32\cmd.exe, /C, C:/altera/10.1/quartus\bin\cygwin\bin\bash.exe, -c, nios2-download '--cable=USB-Blaster on localhost [USB-0]' --device=1 --instance=0 --go --accept-bad-sysid --reset-target /cygdrive/c/user/work/neek/c_test/software/hello_world/hello_world.elf]

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 4 0 2011-04-05 22:01:06.391
!MESSAGE Failed Executing: [nios2-download, '--cable=USB-Blaster on localhost [USB-0]', --device=1, --instance=0, --go, --accept-bad-sysid, --reset-target, /cygdrive/c/user/work/neek/c_test/software/hello_world/hello_world.elf] return code: 4, 'other error'

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 4 0 2011-04-05 22:01:06.392
!MESSAGE Downloading ELF Process failed




(2011/4/20追記)
なんともエラーが直らない。Ignore System IDにチェック入れても結局同じエラーだし。
諦めてとりあえず、LEDチカチカの最小構成をSOPC Builderで組み直した。
結果、Ignore System IDにチェック入れて、無事SWダウンロード出来た。

ちゃんとLEDチカチカするし、WAIT時間によって点滅が変わるから、上手く行ってる証拠。
そうすると、NiosII SBTの手順は正しくて、システム構成のどこかにエラー原因があると。
少しづつ回路を追加していって、ダウンロードがエラーになる原因を探る。

それにしても、NiosII+PIO+プログラムRAMという小さい構成であるものの、
コンパイル時間が38秒って(Win7 64bit)。やたら早いな。
Quartusでは、SOPC Builder内の各IPはハードIPとかでタイミングMET済みのデータを
ツール内部で持ってるとか?だったら納得だけど。
ソフトCPU(=NiosII)をコンパイルするにも関わらず1分以内って早過ぎだな。
Xilinxとは大違いって感じたけど、実はISEのSystem Builder?でも同じくらいなのかな・・・?
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード