FC2ブログ

[KOZOS]Step1(p20): フラッシュROM書き込みツール(h8write)

・書籍p20では、Webから最新版ゲットを薦めているので、
http://mes.sourceforge.jp/h8/writer-j.html
 のページ内の、
   ソースファイル h8write.c 2003/1/16 更新
 という箇所から、.cを入手。/usr/local/binへ保存。

・Windows用設定にするためh8write.cの先頭を以下の通り編集。

★修正前
#define LINUX
#undef Solaris
#undef FreeBSD
#undef Win32


★修正後
#undef LINUX
#undef Solaris
#undef FreeBSD
#define Win32



・ビルドしたら、警告が!もしかしてGvimで編集したからかな?
 Windowsと違う改行コードになってたとか?でも改行してないし。

w510: pwd
/usr/local/bin
w510: gcc h8write.c -o h8write -Wall
h8write.c: In function `opencom':
h8write.c:846: 警告: 戻り型が void の関数で、`return' に値があります
w510:



・いちおうh8write.exeは生成されてる。成功かな?
スポンサーサイト



カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード