fc2ブログ

[LFS](1)環境設定

LFS(Linux From Scratch)の存在を知った。
LinuxインストールデータをGETして、何も考えずにインストールするのではなく、
必要なライブラリを一から揃えて、自分でbuildしながら、Linuxをくみ上げるというものらしい。
Linux全体を把握するのはほぼ不可能だけど、最低限の構成なら、まだ理解しやすそう。

という事で、以下の記事を参考にやってみる。
尚、最後までやってみないと自分でも上手くいくか分からないので注意。

LSFで作って学ぶLinuxの仕組み

■ホストマシンの準備
 自分専用のLinuxをフルスクラッチで組み上げるために、まずは開発環境を
 準備する必要がある。
 今回は、VMware Player 5.0.2 build-1031769 を使用。
 ホストOSは、CentOS 5.7にした。
 ホストマシンとの共有フォルダ設定をすると、/mnt/hgfs/vm_share で見れる。
 vm_shareは自分で決めたフォルダ名。

■LSF用ディスクマウント
 のちのち、LSFを入れたディスクからBootする事になると思うので、USBメモリ希望。
 調べるとX230はUSBブート出来そうなので、USBメモリをマウントしたい。

 VMware画面左上 > Player > 取り外し可能デバイス > Super Top Mass Storage Device > 接続(ホストから切断)

 これで、/media/diskにマウントされたらしい。
 記事に従って、/mnt/lfsへマウントし直す。今の状態はこれ。

[root@localhost mnt]# df -k
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/sda2 3960348 3272068 483856 88% /
/dev/sda3 17382224 7701612 8783384 47% /home
/dev/sda1 46633 27897 16328 64% /boot
tmpfs 1037508 0 1037508 0% /dev/shm
.host:/ 124936188 115733036 9203152 93% /mnt/hgfs
/dev/sdb1 31531968 1328 31530640 1% /media/disk



 次に、USBメモリをアンマウントする。アンマウント後確認すると以下。

[root@localhost mnt]# umount /media/disk
[root@localhost mnt]# df -k
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/sda2 3960348 3272060 483864 88% /
/dev/sda3 17382224 7701612 8783384 47% /home
/dev/sda1 46633 27897 16328 64% /boot
tmpfs 1037508 0 1037508 0% /dev/shm
.host:/ 124936188 115733036 9203152 93% /mnt/hgfs



 作成しておいた/mnt/lfsへマウントする。

[root@localhost mnt]# mount /dev/sdb1 /mnt/lfs
[root@localhost mnt]# df -k
Filesystem 1K-blocks Used Available Use% Mounted on
/dev/sda2 3960348 3272060 483864 88% /
/dev/sda3 17382224 7701612 8783384 47% /home
/dev/sda1 46633 27897 16328 64% /boot
tmpfs 1037508 0 1037508 0% /dev/shm
.host:/ 124936188 115731208 9204980 93% /mnt/hgfs
/dev/sdb1 31531968 1328 31530640 1% /mnt/lfs



■LSFパーティション用各種DIR作成
 記事にあったバッチを、LSFパーティションのパスに変えて、実行。

#!/bin/sh
cd /media/disk
mkdir -p bin boot dev/pts etc/opt home lib mnt proc root sbin tmp var opt
for dirname in /media/disk/usr /media/disk/usr/local
do
mkdir $dirname
cd $dirname
mkdir bin etc include lib sbin share src
ln -s share/man
ln -s share/doc
ln -s share/info
cd $dirname/share
mkdir dict doc info locale man nls misc terminfo zoneinfo
cd $dirname/share/man
mkdir man{1,2,3,4,5,6,7,8}
done
cd /media/disk/var
mkdir -p lock log mail run spool tmp opt cache lib/misc local
cd /media/disk/opt
mkdir bin doc include info lib man
cd /media/disk/usr
ln -s ../var/tmp



 /mnt/lsf/.back_profile を作成するために/rootからコピーして以下を追加。

umask 022
LFS=/mnt/lfs
LC_ALL=POSIX
export LFS LC_ALL



 .bash_profileを編集したら再ログインするか、
  $ source .bash_profile

■LFSパッケージ入手
 http://www.linuxfromscratch.org/
 左側のdownload > LFS HTTP/FTP Sites
  > ftp://ftp.lfs-matrix.net/pub/lfs/ (Los Angeles, CA, USA, 200Mbps)
  > lfs-packages > lfs-packages-7.3.tar をダウンロード。

 上記場所に行くには、直接以下からlfs-packages-7.3.tar をダウンロードしてもOK。

 ftp://ftp.lfs-matrix.net/pub/lfs/lfs-packages/

 /mnt/lfs/usr/src内で展開すると以下MSG。

tar: 7.3/readline-6.2.tar.gz: Cannot change ownership to uid 1000, gid 1000: Operation not permitted

tar: 7.3/man-db-2.6.3.tar.xz: Cannot change ownership to uid 1000, gid 1000: Operation not permitted
7.3/less-451.tar.gz
tar: 7.3/less-451.tar.gz: Cannot change ownership to uid 1000, gid 1000: Operation not permitted
tar: 7.3: Cannot change mode to rwxrwxrwt: Operation not permitted
tar: 7.3: Cannot change ownership to uid 1000, gid 1000: Operation not permitted
tar: 7.3: Cannot change mode to rwxrwxrwt: Operation not permitted
tar: Error exit delayed from previous errors


スポンサーサイト



カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード