FC2ブログ

[CentOS]6.4 i386でUSB2.0 SDカードリーダーを認識

PC    : ThinkPad X230
USBポート: PC右側のUSB2.0ポート
USBメモリ: Terasic社SDカードリーダー(SDカードはmicroSDHC 8GB)

■手順
 ・VMwareで、CentOS 6.4 i386を起動、ログインした状態。

 ・USBメモリをUSB2.0ポートへ指す。

 ・以下MSGが自動的にプロンプトに表示された。

3:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
3:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through
3:0:0:0: [sdb] Assuming drive cache: write through



 ・すると /dev/sdb、/dev/sdb1が存在するようになった。

■補足
 ・最初、USBメモリリーダーをX230の左側手前のUSB3.0ポートに接続した。
  確か、Terasic社のメモリリーダーはUSB2.0のみ対応だと思ったが、
  Windows 7 Home Premium SP1では、USB3.0ポートでもUSB2.0メモリリーダー
  を認識し、内部データを読む事が可能だった。

 ・予想だけど、OS起動後のVMware画面で、
   Player > 管理 > 仮想マシン設定
     > 「ハードウェア」タブの「USBコントローラ」
     > USBの互換性を「USB2.0」から「USB3.0」へ変更
  とすれば、Windowsで認識したように、USB3.0に接続された
  メモリリーダーを認識するのでは?と思う。

 ・ただし、上記設定をしてみると注意MSGが出て来る。

USB3.0コントローラでUSBデバイスを使用するには、Linuxカーネル3.2以降が必要です。



 ・カーネルバージョンを調べてみると、2.6なので、USB3.0は認識出来ないという事と思う。

# uname -r
2.6.32-358.el6.i686

スポンサーサイト



カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード