FC2ブログ

[LFS][LFS BOOK7.3]第3章 パッケージとパッチ(p18)

これまで同様、rootでログインして作業。


・/etc/bashrc末尾へ「export LFS=/mnt/lfs」を追加。

・source /etc/bashrc

・mkdir -v $LFS/sources

・chmod -v a+wt $LFS/sources
 このディレクトリには書き込み権限とスティッキーを与えます。
  「スティッキー (Sticky) 」は複数ユーザーに対して書き込み権限が与えられても、
 削除については所有者しか実行出来ないようにします。

・yum install wget
 wgetがインストールされてなかったので、インストール。

・wget-listなるものを利用してwgetするとの事。
 しかし、wget-listが何か詳しく書いてない。おそらく3.2章に記載のダウンロード先だろう。
 よって、3.2章の内容をコピーして、テキスト編集して、ダウンロードのURLの羅列にした。
 これが元々のURLなので「wget-list.orig」とする。

3.2. 全パッケージ
以下に示すパッケージをダウンロードするなどしてすべて入手してください。
• Autoconf (2.69) - 1,186 KB:
ホームページ: http://www.gnu.org/software/autoconf/
ダウンロード: http://ftp.gnu.org/gnu/autoconf/autoconf-2.69.tar.xz
MD5 sum: 50f97f4159805e374639a73e2636f22e
• Automake (1.13.1) - 1,392 KB:



・LFS BOOK7.3のp19に注記(日本語訳情報)があって、言ってる事は、上で作成した
 wget-listのオリジナルは、海外の遠いサイトばかりなので、インターネットマナー
 として国内の近いサイトで代替しよう、というもの。
 また、オリジナルサイトから日本国内ミラーへの反映のタイムラグがあるかもしれないから、
 以下のように、漏れが無いようにオリジナルサイトでもwgetしておく、というもの。

wget -N -i wget-list -P $LFS/sources
wget -N -i wget-list.orig -P $LFS/sources



・具体的な手順はまず、国内サイトへの置換sedスクリプトを作る。

wget-list-ja.sed の内容

s|ftp\.gnu\.org/gnu/|ftp.riken.jp/GNU/gnu/|g
s|www\.kernel\.org/pub/linux/|ftp.riken.jp/Linux/kernel.org/linux/|g
s|www\.cpan\.org|ftp.riken.jp/lang/CPAN|g
s|ftp\.vim\.org|ftp.jp.vim.org|g



・sed -f wget-list-ja.sed wget-list.orig > wget-list
 これで日本国内サイトへ置換したリスト(wget-list)が生成された。

・上でも書いたけど、以下の通りコマンドを2重にして実行。

wget -N -i wget-list -P $LFS/sources
wget -N -i wget-list.orig -P $LFS/sources


 一個目のコマンドで、何やらごちゃごちゃダウンロードが始まった。
 完了すると、$LFS/sourcesの中にパッケージデータがダウンロードされた。

 本当は、tee | logでログを取ろうかと思ったが、ログが取れなかった。

・3.2. 全パッケージ についてもURLを羅列したリストを作り、wgetコマンドでダウンロード。
wget -N -i -P $LFS/sources
スポンサーサイト



カレンダー
08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード