FC2ブログ

自炊はじめました

身の回りの物を減らしたい。
そうすると、特に買い溜めてなかなか読んでない本の山を電子化すると効果的に思う。
重くて運びたくない本をタブレットで持ち運び、空いた時間にちょっとづつ読めそうだ。

いろいろ調べた結果、どうも自炊というとスキャナーはPFUのScansnapが王道のようだ。
しかし、最新のIX500は旧型S1500に比べて評判が悪い。

<IX500の良い点(S1500と比較)>
 ・読取速度はS1500より速い。
 ・重送検知性能は上がってる模様。

<IX500の悪い点(S1500と比較)>
 ・イメージセンサーがS1500はCCDなのに、IX500はCIS。
  IX500の縦線発生率はS1500より高いらしい。

 ・IX500は紙を押し付けて送るらしく、原稿に黒いローラー痕がつく。

 ・IX500のCISは2ライン構成で、画像の読取で数ライン?の抜けが出る。(仕様らしい)



幸い知人よりS1500を借りる事が出来たので、何冊か自炊中。
それ以外は自前で用意する必要があり、裁断機もいろいろ調べた結果、
KARL DC-210Nを購入した。Amazonで9000円以下だった。

大型裁断機に興味あったが、一気に切り刻んで、分厚い本だとまっすぐに切れないのでは?
という疑問と、自宅に置くには刃で怪我をする懸念があったため、DC-210Nを購入。

同じようなディスクカッターは使った事があり、本を30枚程度に分割する手間は面倒だが、
切れ味には満足で、しかも消耗品も数百円という安さ。
DC-210Nは評判も良かったし、確かに使ってみて素晴らしい。不満無し。

PDF化した後のOCRは、eTypistと、読取革命で迷ってるが、本を分割して複数になったPDFを読み込んで
1つのPDFにする際、eTypistの場合、各PDFファイル毎に、いちいち確認ウィンドウが出る。
一方、読取革命は、選択した順番に自動的にPDFを結合して開いてくれる。
OCR精度は詳しく見てないが、この手順の少なさで読取革命が大きくリード。
後はもっと調べて、PDF画像入力→認識→保存、という手順をさらに自動化する方法あれば文句なし。

尚、画質はS1500のスーパーファイン(300dpi)でやってるが、圧縮してしまうとちょっと品質が気になる。
でも圧縮しないと容量が100MB以上になり、タブレットだと重そうだしな・・・

(2015.4.11追記)
S1500の問題点?を発見。

両面スキャンで作業進めているが、最初のページを下向きにセットし、次のページは上向きの状態。
PDF化した文書を読んでいると、どうも1ページおきに字が薄いページが存在。
光源の性能の違いなのか、上向きになってるページはいずれも薄くスキャンされる。
試しに部屋の照明をOFFにしても状況は変わらず。

(2015.4.13訂正)
薄くなるページは、その内容にグレースケール表示があるページだった。
カラー自動判別の設定にしてるから、例えば文字だけのページは2値かされて白黒くっきり。
しかしソースコードとかでグレーのハッチがかかっている箇所がページ内にあると、
そのページはグレースケールで処理されて、文字が薄くなる模様。これは正常でした。


また、最初のページ(表紙ではなく、中身に進んだタイトルページ)が上下逆に認識される。なぜ?
ちょっと残念な点が見えて来た。。CANNONとかでバランスの良い機種無いのかな。

(2015.4.12追記)
OCRソフトとして、パナソニックの読取革命Ver15を購入。
デカい箱で到着したが、分厚い説明書はWebでダウンロード可能だし、保管しておく物は
CDとシリアル番号だけ。シンプル。

それにしても付属のフォルダウォッチャーというソフトが便利!
入力フォルダと出力先を指定して、OCRする設定、高圧縮PDFにする設定等を設定する。
そうすると、指定の入力フォルダへ放り込んだpdfを随時監視してて、自動的にOCR後の
高圧縮PDFを生成しといてくれる。

出力PDFの名前設定で、任意の文字を付加出来れば完璧なのだが、それでもかなり手順が減り
自炊生活の工数が大幅ダウン。こりゃ良いね。
スポンサーサイト



カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード