FC2ブログ

[KOZOS]gdb Linux対応

gdbのLinux対応版を見つけた。ここの記事で提供されてるgdb用device.cを使ってgdbをビルドしたらLinuxでも動いた。

(H8移植編その2第14回)シミュレータのLinux対応
http://kozos.jp/kozos/h8_2_14.html

device.cソースはここからGET
http://kozos.jp/kozos/h8_2/h8_14/gdb/


次のように動いたけど、rootで実行する必要がある。

[root@centos66x86 bootload]# gdb kzload.elf
GNU gdb (GDB) 7.2
Copyright (C) 2010 Free Software Foundation, Inc.
License GPLv3+: GNU GPL version 3 or later
This is free software: you are free to change and redistribute it.
There is NO WARRANTY, to the extent permitted by law. Type "show copying"
and "show warranty" for details.
This GDB was configured as "--host=x86_64-unknown-linux-gnu --target=h8300-elf".
For bug reporting instructions, please see:
...
Reading symbols from /mnt/hgfs/onedrive/kozos/osbook_03a/osbook_03a/h8_sim_02/bootload/kzload.elf...done.
(gdb) target sim
Connected to the simulator.
(gdb) load
connect to /dev/pts/1
interface: tap0
Loading section .vectors, size 0x100 vma 0x0
Loading section .text, size 0x1142 vma 0x100
Loading section .rodata, size 0xcd vma 0x1242
Loading section .data, size 0x10 vma 0xfffc20
Start address 0x100
Transfer rate: 39160 bits in <1 sec.
(gdb)



connect to /dev/pts/1 と出るので、ここに接続する。
別terminalで、こちらもrootで、

minicom -p /dev/pts/1


と実行。
さらにminicomの設定も変える必要あるのか?と思い、デバイスを/dev/pts/1にした。

gdbのプロンプトへ戻り、run と実行すると、

(gdb) run
Starting program: /mnt/hgfs/onedrive/kozos/osbook_03a/osbook_03a/h8_sim_02/bootload/kzload.elf


となった。

さっきminicomを起動しておいたterminalでは次のようになって、

kzload (kozos boot loader) started. た。 | |
kzload> AT S7=45 S0=0 L1 V1 X4 &c1 E1 Q0 |
unknown. トコル | |
kzload>


のように「kzload (kozos boot loader) started.」と出た。
スポンサーサイト



カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード