FC2ブログ

[CentOS]NIC名変更(eth0->?、CentOS6.6)

VMware Player 7.1.2上のCentOS6.6_64で実験。

http://sios-oss.blogspot.jp/2011/12/centos-6-nic-eth0.html

◆ネットワークサービスの停止
[root@centos66x86 Desktop]# /sbin/service NetworkManager stop
NetworkManager デーモンを停止中: [ OK ]
[root@centos66x86 Desktop]# /sbin/service network stop
インターフェース eth0 を終了中: [ OK ]
ループバックインターフェースを終了中 [ OK ]

◆ネットワークモジュールのアンロード
[root@centos66x86 Desktop]# vi /etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules

# PCI device 0x8086:0x100f (e1000)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="xx:xx:xx:xx:xx:xx", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth0"

と書いてある「e1000」がドライバ名。

[root@centos66x86 Desktop]# rmmod e1000
[root@centos66x86 Desktop]#

◆ifcfg-eth0のリネーム
[root@centos66x86 network-scripts]# cp -iprL ifcfg-eth0 ifcfg-eth1
ifcfg-eth1の以下を修正。

DEVICE=eth1



◆/etc/udev/rules.d/70-persistent-net.rules のバックアップ
バックアップした後、末尾のNAMEをeth0からeth1へ変更。

# PCI device 0x8086:0x100f (e1000)
SUBSYSTEM=="net", ACTION=="add", DRIVERS=="?*", ATTR{address}=="xx:xx:xx:xx:xx:xx", ATTR{type}=="1", KERNEL=="eth*", NAME="eth1"


◆ネットワークモジュールのロード
[root@centos66x86 network-scripts]# modprobe e1000
[root@centos66x86 network-scripts]#

◆ネットワークサービスの起動
[root@centos66x86 network-scripts]# /sbin/service network start
ループバックインターフェイスを呼び込み中 [ OK ]
インターフェース eth1 を活性化中:
eth1 のIP情報を検出中... 完了。
[ OK ]
[root@centos66x86 network-scripts]#
 ※ ここで一度DHCPなんたらでエラー出たが、再度サービスをstopし、モジュールをロードし、サービスstartしたら上記のように成功した。
[root@centos66x86 network-scripts]# /sbin/service NetworkManager start
ネットワークパラメーターを設定中... [ OK ]
NetworkManager デーモンを起動中: [ OK ]

◆設定後の確認
ifconfigでもeth1とloが見えてる。
[root@centos66x86 network-scripts]# ifconfig
eth1 Link encap:Ethernet

シャットダウンしてから再度起動に成功。

スポンサーサイト



カレンダー
07 | 2015/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード