FC2ブログ

[CentOS]NFS

サーバ側設定をして、クライアントから以下実行すると、エラーになる。

# mount -t nfs 192.168.xxx.xxx:/tmp/nfs /home/nfs/xxx
mount.nfs: rpc.statd is not running but is required for remote locking.
mount.nfs: Either use '-o nolock' to keep locks local, or start statd.
mount.nfs: an incorrect mount option was specified



ちなみに、
iptables = stop ※ サーバ、クライアント両方共
SELinux = Persimissive ※ サーバ、クライアント両方共
/etc/hosts.deny = 記述無し。(サーバ)
/etc/hosts.deny = ALL:ALL
だった。

クライアント/etc/hosts.denyのALL:ALLをコメントアウト

すると、こうなる。

# mount -t nfs 192.168.xxx.xxx:/tmp/nfs /home/nfs/xxx
mount.nfs: access denied by server while mounting 192.168.xxx.xxx:/tmp/nfs



このエラーでぐぐるとRed Hatの「6.4.1. NFS を使ってディレクトリを共有する」を発見。
https://access.redhat.com/documentation/ja-JP/Red_Hat_Enterprise_Linux/6/html/Managing_Confined_Services/sect-Managing_Confined_Services-NFS-Configuration_Examples.html

途中の手順、以下では想定と異なる結果が。

# showmount -e
clnt_create: RPC: Unknown host



この結果をぐぐると、以下が。
https://linuxcluster.wordpress.com/2014/08/19/nfs-mount-errors-with-clnt_create-rpc-unknown-host-for-centos-6/


この記事から、/etc/hosts へ hostnameで確認したサーバのホスト名を追記。

変更前 = ::1 localhost localhost.localdomain ...... localdomain6
変更後 = ::1 z77 localhost localhost.localdomain ...... localdomain6



これで意図した結果になった。

# showmount -e
Export list for z77:
/mnt/nfs 192.168.xxx.0/24



ここで、気づいた。ん? /mnt/nfs って・・・・
今までmountコマンドでなぜか/tmp/nfsを指定してた。。。

# mount -t nfs 192.168.xxx.xxx:/tmp/nfs /home/nfs/xxx
ではなくて
# mount -t nfs 192.168.xxx.xxx:/mnt/nfs /home/nfs/xxx
とやったら、NFS成功。
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード