[Quartus]トラブルシューティング

■Niosメモリ初期値データ生成方法1 = これやってもシミュレーションに使える.datとか見当たらない。
NiosII SBT > BSPフォルダをActive > メニューのProject > Properties > Nios II BSP Properties > ModelSim Only, no hardware support

■Niosメモリ初期値データ生成方法2 = これで.hex、.datが生成される。
NiosII SBT > アプリケーションフォルダ(BSPでない方)をActive
 > 右クリック > Make Targets > Build > mem_init_generateを選択 > Build
 > 以下.hex、.datが生成される。確かaltsyncramでは.hexか.mifしか読み込めないので.datは使えないと記憶。
    PJフォルダ\software\appliフォルダ\mem_init\nios_mem.hex
    PJフォルダ\software\appliフォルダ\mem_init\hdl_sim\nios_mem.dat

■QuartusII 13.1 ModelSim Alteraが起動できない原因
Quartus > Tools > Options > General > EDA Tool Options >
誤: C:\altera\13.1\modelsim_ase\win32aloem\
正: C:\altera\13.1\modelsim_ase\win32aloem ⇒ 末尾に\を追加。
RTLシミュレーション方法
Quaruts > Tools > Run Simulation Tool > RTL Simulation > これでModelSimが起動した。


■Nios II SBT

test.c:91:1: warning: control reaches end of non-void function [-Wreturn-type]

main関数の末尾に
return 0;
を書かないと出るWARNING



test.c:30:6: warning: return type of 'main' is not 'int' [-Wmain]


main関数を、intで宣言しないと出るWARNING
誤: void main() {
正: int main() {
スポンサーサイト
カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード