fc2ブログ

[Solaris]トラブルシューティング

ブート時、timeoutが出る。
scsi: WARNING: /pci@0,0/pci-ide@1f,2/ide@0 (ata0): timeout: reset target, target=1 lun=0
scsi: WARNING: /pci@0,0/pci-ide@1f,2/ide@0 (ata0): timeout: reset bus, target=1 lun=0
scsi: WARNING: /pci@0,0/pci-ide@1f,2/ide@0 (ata0): timeout: abort device, target=1 lun=0


http://docs.oracle.com/cd/E19253-01/820-6035/ggmsj/
このページによると回避方法は以下だって。

回避方法 1: BIOS の AHCI を有効にします (システムで使用できる場合)。この設定を有効にするには、Solaris OS を再インストールする必要があります。

回避方法 2: ata ドライバを使用しないコントローラ上のディスクに Solaris をインストールします。

回避方法 3: シングルプロセッサが有効になるように、BIOS 設定の MP を無効にします。

回避方法 4: シングルプロセッサが有効になるように、Solaris の MP を無効にします。GRUB (Grand Unified Bootloader) メニューから次の手順を実行します。


UEFI画面でSATAモードをIDEからAHCIに変えて、再度Solarisインストールし直したら、起動時のメッセージは今の処出なくなった。



formatコマンドやるとhangする。
Cause

'format'ユーティリティは、新しい特徴を持っている。Solaris 10 6/06から始まったもの。'in use checking'と呼ばれるOS..

This feature is enabled by default.
Solution

Any time the 'format' utility is run on the disk, it performs many verification/checks on the disk itself (does it contain a slice that is mounted, is it part of SVM metadevice, is it being used by ZFS filesystem, is it being used by swap etc...)

So, if there are lots of devices, or if there were some kind of issue on the device itself (for example, differences on what the label says and what the actual device stated), 'format' command may appears hang as it does all sort of checking in the background.

So, to avoid this kind of situation, there is an environment variable 'NOINUSE_CHECK' which can be set / turned on, prior of running the 'format' command:

# NOINUSE_CHECK=1
# export NOINUSE_CHECK
# format

Once that is set, the 'format' command will proceed with no time by passing all of the verifications and checking.


vdev validation failed

/dev/dsk/c3t1d0s1 is part of exported or potentially active ZFS pool rpool. Please see zpool(1M).
Unable to build pool from specified devices: device already in use



対策

fdisk /dev/rdsk/c3t1d0 > delete partition > Exist
としてから、再度
zpool create tank raidz2 xxxx xxxx c3t1d0
としたらエラー無くRAIDZ2ストレージプールが構築出来た。


各種ログ

/var/adm/messages    : システムログ
/var/adm/sulog       : suコマンドログ
/var/adm/{utmpx,wtmpx} : どちらもバイナリログファイル。前者はwhoコマンド、後者は、lastコマンドで閲覧可能。
                    定期的に見て不可解なユーザがログインしていないか確認する事を推奨。
/var/log/syslog       : メールログなど
/var/log/xferlog       : ftpログ

スポンサーサイト



カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード