FC2ブログ

[CentOS]トラブルシューティング

ata10.00: exception Emask 0x00 SAct 0x xxxxxxxx
ata10.00: failed command READ FPDMA QUEUED

rsync実行中に発生。
しかし、コピーは継続されて正常に終了した模様。


samba ~にアクセスできません

<症状>
sambaサーバにログインは出来た(publicフォルダまではアクセス出来た)のに、disk0フォルダへアクセス出来ない。

ネットワークエラー
\\192.168.xxx.xxx\public\disk0 にアクセスできません
\\192.168.xxx.xxx\public\disk0 に対するアクセス許可がありません。ネットワーク管理者にアクセス許
可を要求してください。


disk0はmdadmで生成したソフトウェアRAID /dev/md127のマウントポイント。
マウントを外すとdisk0フォルダにアクセス出来る。

<原因>
SELinuxが有効になってた。setenforce 0でDisableさせたら、disk0フォルダアクセス出来た。

# getenforce
Enforcing
# setenforce 0
# getenforce
Permissive





Another app is currently holding the yum lock

# yum -y update
Another app is currently holding the yum lock; waiting for it to exit...

こんなメッセージが繰り返し出て進まない。
これは何らかの理由でyum.pidが削除されなかった事が原因らしい。以下のように削除してあげたら今度は実行出来た。
# \rm -f /var/run/yum.pid

追記
VMwareで起動直後にyumしたら同じメッセージ出た。
2~3分待ったら、症状消えた。



プロキシサーバ(squid) ERROR: no running copy

# systemctl status squid
でエラー発生。
再起動したら、消えた。
# systemctl status squid

squid.service - Squid caching proxy
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/squid.serivice; enabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) since Mon 2017-08-14 07:49 EDT; 7min ago
Process: 2690 ExecReload=/usr/sbin/squid $SQUID_OPTS -k reconfigure -f $SQUID_CONF (code=exited, status=0/SUCCESS)
Process: 1793 ExecStart=/usr/sbin/squid $SQUID_OPTS -f $SQUID_CONF (code=exited, status=0/SUCCESS)
Process: 1780 ExecStartPre=/usr/libexec/squid/cache_swap.sh (code=exited, status=0/SUCCESS)
Main PID: 2094 (squid)
CGroup: /system.slice/squid.service
|-2094 /usr/sbin/squid -f /etc/squid/squid.conf
|-2100 (squid-1) -f /etc/squid/squid.conf

Aug 14 07:49:08 xxx.yyy.zzz systemd[1]: Starting Squid caching proxy...
Aug 14 07:49:08 xxx.yyy.zzz squid[2094]: Squid Parant: will start 1 kids
Aug 14 07:49:08 xxx.yyy.zzz squid[2094]: Squid Parant: (squid-1) process 2100 started
Aug 14 07:49:08 xxx.yyy.zzz systemd[1]: Starting Squid caching proxy.
Aug 14 07:49:08 xxx.yyy.zzz systemd[1]: Reloaded Squid caching proxy.
Aug 14 07:49:08 xxx.yyy.zzz systemd[1]: Reloaded Squid caching proxy.






networkサービスrestartエラー

# systemctl restart network.service

network.service - LSB: Bring up/down networking
Loaded: loaded (/etc/rc.d/init.d/network; bad; vendor preset: disabled)
Active: failed (Result: exit-code) since Sun 2017-08-20 21:19:55 JST; 11s ago
Docs: man:systemd-sysv-generator(8)
Process: xxxx ExecStart=/etc/rc.d/init.d/network start (code=exited, status=1/FAILURE)

Aug 20 21:19:19:55 h67.xxx.xxx network[27658]: RTNETLINK answers: File exists
Aug 20 21:19:19:55 h67.xxx.xxx network[27658]: RTNETLINK answers: File exists
Aug 20 21:19:19:55 h67.xxx.xxx network[27658]: RTNETLINK answers: File exists
Aug 20 21:19:19:55 h67.xxx.xxx network[27658]: RTNETLINK answers: File exists
Aug 20 21:19:19:55 h67.xxx.xxx network[27658]: RTNETLINK answers: File exists
Aug 20 21:19:19:55 h67.xxx.xxx network[27658]: RTNETLINK answers: File exists
Aug 20 21:19:19:55 h67.xxx.xxx systemd[1]: network.service: control process exited code=exited status=1
Aug 20 21:19:19:55 h67.xxx.xxx systemd[1]: Failed to start LSB: Bring up/down networking.
:






yumできない
CentOS 7 Minimalでインストール。
ifcfg-exxxxに設定してpingは8.8.8.8へ通る。

# yum -y install samba
とかやると

Could not resolve host CentOS mirror.centos.org


となる。

原因はDNS設定が不十分だったため。

ifcfg-exxxには
DNS=8.8.8.8
とやってたが、
# vi /etc/resolve.conf

nameserver 8.8.8.8


を忘れていた。
加えて以下をやった。
# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
 ※ 全て、mirrorlistをコメントアウトして、baseurlのコメントを外した。

これでyumが成功した。



yumできない(Another app is currently holding the yum lock)

CentOS7をDevelopmentなんちゃらでインストールした直後、yum -y updateで起こった現象。

この記事参考にさせて頂きました。
https://blog.kujira-station.com/201508281830

# ps -def | grep yum
とやると、確かにpythonが使っているプロセスでyumBackend.pyなんちゃらが出て来た。

# kill -9 xxxx
とやってプロセスをkillした後に
# yum -y update
としたら成功しました。



OS起動しない(X64 Exception Type)

z68マザーにCentOS7をインストールした後、玄人志向のSATA3RI4-PCIEを接続してOS起動すると、以下赤画面で止まる。

# uname -r
3.10.0-327.el7.x86_64

!!!! X64 Exception Type - 000000000000000E CPU Apic ID - 00000000 !!!!
RIP - 000000007E5FAD16, CS - 0000000000000028, RFLAGS - 0000000000210202
ExceptionData - 0000000000000000
RAX - FFFFFFFFFFFFFFF0, RCX - 000000007E613070, RDX - 0000000000000000
RBX - FFFFFFFFFFFFFFF0, RSP - 000000007FF66E10, RBP - 000000007E60FC50
RSI - 0000000000000000, RDI - 000000007E60FC50

※ 同じ症状の方の記事をコピペしただけ。実際発生した際の数値と違うかも。



このRAIDカード外せば起動出来る。
原因分からず。



Could not contact NetworkManager: GDBus.Error.org.freedesktop.DBus.Error.UnknownMethod: Method "GetManagedObjects" with signature "" on interface "org.freedesktop.DBus.ObjectManager" doesn't exist

# cat /etc/redhat-release
CentOS Linux release 7.4.1708 (Core)
# uname -r
3.10.0-327.el7.x86_64

samba設定した後、
# systemctl restart network
すると失敗する。
# nmtui
をやると、このメッセージが出た。




STATUS=daemon 'smbd' finished starting up and ready to serve connections

# systemctl status smb

smb.service - Samba SMB Daemon
Loaded: loaded (/usr/lib/systemd/system/smb.service; enabled; vendor preset: disabled)
Active: active (running) Since Sun 2018-02-11 xx:xx:xx JST; 1min 2s ago
Main PID: 15921 (smbd)
Status: "smbd: ready to serve connections..."
CGroup: /system.slice/smb.service
|--15921 /usr/sbin/smbd
|--15922 /usr/sbin/smbd
|--15923 /usr/sbin/smbd
|--15927 /usr/sbin/smbd

Feb 11 09:34:20 z68 systemd[1]: Starting Samba SMB Daemon...
Feb 11 09:34:20 z68 systemd[1]: smb.service: Supervising process 15921 which is not our child. We'll most likely not notice when it exists.
Feb 11 09:34:20 z68 systemd[1]: Started Samba SMB Daemon.
Feb 11 09:34:20 z68 smbd[15921]: [2018/02/11 09:34:20.480989, 0] ../lib/util/become_daemon.c:124(daemon_ready)
Feb 11 09:34:20 z68 smbd[15921]: STATUS=daemon 'smbd' finished starting up and ready to serve connections.





boot loader install failed

CentOS 7インストール時に、各種設定して、Begin install で進めると、途中でこのメッセージ出る。

The following error occurred while installing the boot loader. The system
will not be bootable. Would you like to ignore this and continue with
innstallation?

boot loader install failed


1.最初HDD x 4ばらばら + パーティション自動設定 : 成功
2.オンボードRAIDでRAID0 + パーティションマニュアル設定※ : 失敗
   /boot 500MB、swap 1TB、/ 1TB、/home 残り全て(10TBくらい)
3.オンボードRAIDでRAID0 + パーティションマニュアル設定※ : 失敗
   /boot 250MB、swap 16GB、/ 残り全て(10TBくらい)
4.オンボードRAIDでRAID0 + パーティション自動設定※ : 成功

つまり、パーティション設定が何かおかしいって事か・・・



インストールDVD起動時のBuffer I/O error on dev sr0 logical block async page read

h170

CentOS 7 x86_64 1810のisoが公開されてたので、isoイメージをDVD-Rに焼いて、起動してみたら
選択画面でInstall CentOS 7でENTERして先に進むと上記のエラーで止まってしまう。

過去に同様に作ったCentOS 7 1511のDVDから起動すると、Install CentOSを選択した後、
WELCOME TO CENTOS 7の言語選択画面になるので正常。


h67
 既にWindows Serverがインストールされている状態で、追加でCentOSをインストール。HDD構成は3本。

SATA Mode = RAID mode + DVD(CentOS 7 x86_64 1810) + 以下Boot Priority : Install CentOS 7選択後、Buffer I/O error・・・のエラー
 ※ インストールDVD起動後のInstall CentOS 7の選択画面のフォントがシンプル。文字は正常に読めるがフォントがおかしい。
  1.CentOS
  2.P2: DRW-24D5MT
  3.UEFI: P2: DRW-24D5MT
  4.SAMSUNG HDD
  5.Windows Boot Manager

SATA Mode = RAID mode + DVD(CentOS 7 x86_64 1810) + 以下Boot Priority : Install CentOS 7選択後、Buffer I/O error・・・のエラー
 ※ インストールDVD起動後のInstall CentOS 7の選択画面のフォントがシンプル。文字は正常に読めるがフォントがおかしい。
  1.P2: DRW-24D5MT
  2.UEFI: P2: DRW-24D5MT
  3.CentOS
  4.SAMSUNG HDD
  5.Windows Boot Manager

SATA Mode = RAID mode + DVD(CentOS 7 x86_64 1810) + 以下Boot Priority : Install CentOS 7選択後、Buffer I/O error・・・のエラー
 ※ インストールDVD起動後のInstall CentOS 7の選択画面のフォントがシンプル。文字は正常に読めるがフォントがおかしい。
  1.UEFI: P2: DRW-24D5MT
  2.P2: DRW-24D5MT
  3.CentOS
  4.SAMSUNG HDD
  5.Windows Boot Manager

SATA Mode = AHCI mode + DVD(CentOS 7 x86_64 1810) + 以下Boot Priority : Install CentOS 7選択後、Buffer I/O error・・・のエラー
 ※ インストールDVD起動後のInstall CentOS 7の選択画面のフォントがシンプル。文字は正常に読めるがフォントがおかしい。
  1.UEFI: P2: DRW-24D5MT
  2.P2: DRW-24D5MT
  3.CentOS
  4.SAMSUNG HDD
  5.Windows Boot Manager

SATA Mode = AHCI mode + DVD(CentOS 7 x86_64 1810) + 以下Boot Priority : Install CentOS 7選択後、Buffer I/O error・・・のエラー
 ※ インストールDVD起動後のInstall CentOS 7の選択画面のフォントが豪華
  1.P2: DRW-24D5MT
  2.UEFI: P2: DRW-24D5MT
  3.CentOS
  4.SAMSUNG HDD
  5.Windows Boot Manager

SATA Mode = IDE mode + DVD(CentOS 7 x86_64 1810) + 以下Boot Priority : Install CentOS 7選択後、Buffer I/O error・・・のエラー
 ※ インストールDVD起動後のInstall CentOS 7の選択画面のフォントが豪華
  1.P2SATA: DRW-24D5MT ※ SATA mode=IDEにしたせいか、P2からSATAに表記が変わってた。
  2.UEFI: P2: DRW-24D5MT
  3.CentOS
  4.SAMSUNG HDD
  5.Windows Boot Manager

SATA Mode = IDE mode + DVD(CentOS 7 x86_64 1810) + 以下Boot Priority + 以下インストールパラメータ : Buffer I/O error・・・のエラーは出るが、Starting interactive modeとなり、その先で手詰まり。
 ※ インストールDVD起動後のInstall CentOS 7の選択画面のフォントがシンプル。文字は正常に読めるがフォントがおかしい。
    後述のottoserverのPRIMAGYの記事によると、このシンプルなWELCOME画面はUEFIのもの?らしい。
  1.UEFI: P2: DRW-24D5MT
  2.SATA: DRW-24D5MT
  3.CentOS
  4.SAMSUNG HDD
  5.Windows Boot Manager

<インストールパラメータ>
【PRIMERGY】PRIMERGY M3世代へのCentOSインストールについて【CentOS】
http://ottoserver.com/pcserver1/wp/archives/2794

Welcome画面が出たら、Install CentOS 7にカーソルを合わせて、「e(編集)キー」を押す。するとパラメータ編集モードになる。
そこで一行目の末尾の「quiet」の代わりに「modprobe.blacklist=ahci inst.dd」と入力して、Ctrl-xで保存して先に進む。
これでAHCIドライバが無効になるとの事。



<インタラクティブモードになった後>
Starting Driver Update Disk UI on tty1...
DD: staring interactive mode
(page 1 of 1) Driver disk device selectoin
/DEVICE TYPE
1) sda1 ntfs xxxxHOGEHGE
2) sda1 ntfs xxxxHOGEHGE
1や2を選択してもエラーになるので、c(continueで進むと以下。
[OK] Starting Driver Update Disk UI on tty1...
[xxxx.xxxx] dracut-initqueue[1408]: Warning: dracut-initqueue timeout - staring timeout scripts
 : この間多数
[xxxx.xxxx] dracut-initqueue[1408]: Warning: Could not boot.
[xxxx.xxxx] dracut-initqueue[1408]: Warning: /dev/root does not exist
Starting Dracut Emergency Shell...
Warning: /dev/root does not exist

Generating "/run/initramfs/rdsosreport.txt"

[xxx.xxxx] Buffer I/O error on dev sr0, logical block 1120128, async page read

Entering emergency mode. Exit the shell to continue.
Type "journalctl" to view system logs.
You might want to save "/run/initramfs/rdsosreport.txt" to a USB stick or /boot
after mounting them and attach it to a bug report.

dracut:/#




SATA Mode = IDE mode + DVD(CentOS 7 1511) + 以下Boot Priority : 成功。GUIのWELCOME TO CENTOS 7画面へ。
 ※ インストールDVD起動後のInstall CentOS 7の選択画面のフォントが豪華。
  1.UEFI: P2: DRW-24D5MT
  2.SATA: DRW-24D5MT
  3.CentOS
  4.SAMSUNG HDD
  5.Windows Boot Manager

新しいisoは何か違うのか?



dnsmasqサービススタート時、failed to create listening socket for port 53

https://kernhack.hatenablog.com/entry/2015/05/05/133203



cobbler check時、ISC BIND(bind/named) is not installed and/or in path

これは単に
yum -y install bind
でインストールすれば良いだけだった。
これでcobbler check時の指摘は消えた。

cobbler check時、ISC DHCP(dhcp/dhcpd) is not installed

これも
yum -y install dhcp
でインストールすれば良いだけ。



cobblerdサービス起動失敗。cobbler.settingsがYAML記述でない。

誤: default_password_crypted:HOGEHOGEHOGE
正: default_password_crypted: HOGEHOGEHOGE

どうやらコロンの後に半角空白が必要らしい。



cobblerでPXEブート時PXE-E32: TFTP open timeout

まず疑うべきは、cobblerサーバのPCでfirewalld動いてる?
TFTP用の設定がされてないなら、まずは原因がファイアウォールかどうか確かめるために、
systemctl stop firewalld
で停止してから、再度PXEブートが成功するか試してみる。

それでも解決しない場合は・・・

この間ながらくハマったが、根本原因であろうポイントは、「xinetdをインストールしてなかった事」。
元々、CentOS 7.2.1511 minimalからインストールしたせいか、xinetdを個別にインストールする必要があった。
なので、以下のようにインストールから、サービス起動、そしてPC再起動後の自動起動設定、と実施する。
yum -y install xinetd
systemctl start xinetd
systemctl enable xinetd

ファイアウォールの停止も最終チェックして、これでx230がcobblerサーバからPXEブートで起動できた。
z77のオンボードLANではPXEブート成功。しかし増設したGbEX-PCIEでは失敗。
起動画面でGbEX-PCIEはPXE対応との表示出るが、DHCPサーバからのIP取得へと進まない。
何かしょぼいミスをしているのかも。確認は後回し。


cobblerでPXEブート時PXE-E11: ARP open timeout

上のトラブルシューティングで、/etc/dhcp/dhcpd.conf内のnext-serverを192.168.10.xxxから192.168.10.0にしたら、ARP open timeoutが出た。
あるブログを見て勘違いしてこの修正してみたが、間違ってたようだ。



CLIで画面が解像度ズレ

h67、CentOS7をインストールしてから、Acer27"に接続し直したらCLI画面がズレる。

$ vi /etc/default/grub

GRUB_CMDLINE_LINUX="video=1920x1080"


$ grub2-mkconfig -o /boot/grub2/grub.cfg

これで再起動したら直った。



yumでError: Cannot retrieve metalink for repository: epel.

z77 (CentOS 7)でyumやったら上記エラー。

ここを参考に何とかyum出来るようになった。
https://qiita.com/maruware/items/eb659266a45021cf486c

# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo
変更前 : mirrorlist=https
変更後 : mirrorlist=http

EPELレポジトリがSSL3.0を使っている事が原因だとか。
よくわからないが、httpsでなくhttpにしたら確かに治った。
厳密にはyum updateでエラー出たので、yum --skip-broken updateで実行中。



tarでCannot change ownership to uid 1000, gid 1000: Operation not permitted

tgz解凍時、rootでやってもこのエラー。

https://www.krenger.ch/blog/linux-tar-cannot-change-ownership-to-permission-denied/

このオプションで解決した。
# tar -zxvf tn40xx-0.3.6.12.2.tgz --no-same-owner




Aborting the build: Linux kernel /lib/modules/3.10.0-1062.1.2.el7.x86_64/build source not found. Stop.

StarTech 10G NICドライバを
# make install
でインストール時に出たエラー。

# yum -y install kernel-devel-`uname -r`
でインストールすればOK。


No rule to make target 'tn40xx.ko', needed by 'install'. Stop.
ホスト: h170
OS: CentOS 7.7 1908

上と同じくStarTech 10G NICドライバを
# make install
でインストール時に出たエラー。
カーネルソースはkernel-develをインストールした事で解決。
その後にこのエラー。

make all
でbuildしなかったのが問題かな。

# make all
っとやってもまたエラー。

結局、StarTechから最新ドライバを入手してインストールしたら成功した。
ドライバが古かったって事か。
https://www.startech.com/JP/Networking-IO/Adapter-Cards/5-speed-pcie-nic~ST10GSPEXNB#dnlds
Tehuti_TN4010_Linux_PCIe_10_Gigabit_Network_Card.zip
Version: 0.3.6.17.1

# unzip Tehuti_TN4010_Linux_PCIe_10_Gigabit_Network_Card.zip
# make all
# make install



zfsモジュールを起動時に自動ロード.

ホスト: g33
OS: CentOS 7.7 1908

ZFSをインストールした際、モジュールをロードするために、
# modprobe zfs
としているが、再起動したら再度ロードする必要がある。

再起動しても自動的にロードするためには以下のようにする。
新規にXXX.modulesファイルを作成する。ファイル名は自由なのでzfsにした。

# vi /etc/sysconfig/modules/zfs.modules

#!/bin/sh

exec /sbin/modprobe zfs


これで再起動したらzfsモジュールが自動的にロードされた。
スポンサーサイト



カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード