FC2ブログ

[Windows]DOSブートUSB作成

FWを更新するために、DOSでブート可能なUSBを作る必要が出た。

DOS起動用のUSBメモリを作る(DOS-on-USB編)
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1206/15/news126.html

上のページを参考に作ってみる。

まずはUSBをDOSブート可能にするためのツールを入手。
http://www.jamesonline.ca/support/dos-on-usb-support
 > Downloadをクリック
 > Please visit the File Cabinet to download the latest copy、とあるので、Cabinetをクリック
 > DOS-on-USB_2.zip (v. 2、Jan 5, 2010, 11:46 AM)をダウンロード。
 > 保存したら、zip解凍
 > DOS-on-USB_2\DOS-on-USB\James' Format Tool.exe を管理者権限で実行
 > 以下に設定

     Device: USBメモリのドライブを指定 (今回はE:\)
     File System: FAT32
     Volume Label: 空白のまま
     Format Device: チェックなしのまま
     Create a DOS startup disk: チェック入れる
     Using DOS system files located at: C:\DOS-on-USB_2\DOS-on-USB\boot
      ※ DOS system fileへのパスは、解凍して現れたbootフォルダへのパスを書く。

 > StartでUSBメモリへ書き込み開始 (かなりゆっくり)

書き込みが終わったら、そのUSBからブートするために、BIOSでブート優先順位の最初をUSBメモリにする。
PC起動したら、無事USBメモリからブートし、DOSプロンプトが起動した。
後は、元々Cドライブに保存しておいたFWデータを指定して、FW更新コマンドを実行する。
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード