FC2ブログ

[Ubuntu]コマンド3

ファイルサーバ(samba)構築

# su
$ apt-get -y install samba
$ mkdir /home/share
$ chmod 777 /home/share
$ vi /etc/samba/smb.conf

# 25行目:追記
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932

# 30行目
workgroup = XXX

# 51行目: コメントを解除し、IP追記
interfaces = 127.0.0.0/8 192.168.xx.0/24

# 58行目:コメントを解除し、かつ追記
bind interfaces only = yes
map to guest = Bad User

# 最終行に追記
[share]
path = /home/share
writable = yes
guest ok = yes
guest only = yes
create mode = 0777
directory mode = 0777


$ systemctl restart smbd
$ systemctl enable smbd




DLNAサーバ(minidlna)構築

# apt-get install minidlna
# vi /etc/minidlna.conf

#変更箇所
media_dir=V,/home/share
inotify=yes
notify_interval=895


# systemctl restart minidlna

これでOculus Go > ギャラリー > host名:dlna、で自動的に接続されて表示された。



フォワードプロキシサーバ構築

# apt-get update
# apt-get upgrade -y
# apt-get install squid -y

# vi /etc/squid/squid.conf

acl localnet src 192.168.0.0/16
acl localnet src fc00::/7 # RFC 4193 local private network range
acl localnet src fe80::/10 # RFC 4291 link local machines

acl SSL_ports port 443
acl CONNECT method CONNECT
http_access deny CONNECT !SSL_ports

acl Safe_ports port 80 # http
acl Safe_ports port 21 # ftp
acl Safe_ports port 443 # https
acl Safe_ports port 70 # gopher
acl Safe_ports port 210 # wais
acl Safe_ports port 1025-65535 # unregistered ports
acl Safe_ports port 280 # http-mgmt
acl Safe_ports port 488 # gss-http
acl Safe_ports port 591 # filemaker
acl Safe_ports port 777 # multiling http
http_access deny !Safe_ports


http_access allow localhost manager
http_access deny manager

http_access allow localnet
http_access allow localhost
http_access deny all

http_port 3128

coredump_dir /var/spool/squid

refresh_pattern ^ftp: 1440 20% 10080
refresh_pattern ^gopher: 1440 0% 1440
refresh_pattern -i (/cgi-bin/|\?) 0 0% 0
refresh_pattern (Release|Packages(.gz)*)$ 0 20% 2880
refresh_pattern . 0 20% 4320

strip_query_terms off
logformat combined %>a %ui %un [%tl] "%rm %ru HTTP/%rv" %Hs %h" "%{User-Agent}>h" %Ss:%Sh
access_log /var/log/squid/access.log combined


# systemctl restart squid
# systemctl enable squid

ここまできたら、クライアントPCのブラウザ設定でプロキシサーバを指定する。
Firefox > オプション > 一番下のネットワークプロキシ欄へ
 > 接続設定
 > 手動でプロキシを設定する
 > プロキシサーバのIPと、squid.confで設定したポート番号を指定

これでプロキシサーバ経由でインターネットへアクセス出来るようになった。




syslogサーバ構築

Ubuntuには最初からrsyslogがインストールされてる。
なのでconfigの設定変更から。
# vi /etc/rsyslog.conf

以下2行をコメントアウトして、syslog(UDP)を受け付けるようにする。
module(load="imudp")
input(type="imudp" port="514")


# vi /etc/rsyslog.d/70-hoge.conf
local0.*  -/var/log/hoge.log


# systemctl start rsyslog
# systemctl enable rsyslog

# vi /etc/logrotate.d/rsyslog


/var/log/debug
/var/log/messages
/var/log/hoge.log > ここに追加
{
rotate 4





リバースプロキシサーバ構築


muninインストール

# apt-get install munin munin-node
# vi /etc/munin/munin.conf

[localhost.localdomain]
 ↓
[h67.hoge.com]


# vi /etc/apache2/conf-available/munin.conf

Alias /munin /var/cache/munin/www
<Directory /var/cache/munin/www>
Require local
Options None
AuthType Basic
AuthName "Munin"
AuthUserFile /etc/munin/munin-htpasswd
Require valid-user
</Directory>

ScriptAlias /munin-cgi/munin-cgi-graph /usr/lib/munin/cgi/munin-cgi-graph
<Location /munin-cgi/munin-cgi-graph>
Require local
Require all granted
<IfModule mod_fcgid.c>
SetHandler fcgid-script
</IfModule>
<IfModule !mod_fcgid.c>
SetHandler cgi-script
</IfModule>
</Location>


BASIC認証のパスワードファイルとして以下を指定。新規に作成される。
# htpasswd -c /etc/munin/munin-htpasswd [USERNAME]

# vi /etc/munin/munin-node.conf
最終行に以下追加。

h67 [FQDN]


munin-nodeは既にActiveになっている。
# systemctl status munin-node
muninは起動しておらず、maskedになってる。
# systemctl status munin

# systemctl restart apache2

他のPCから、アクセスするとmuninのページが開いた。
スポンサーサイト
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード