FC2ブログ

SOPC Builderを使う

NEEKデモアプリは一通り見たので、今度は自作回路を焼きこむ事を目標にしてみる。
ハードのみでLCDCだけとかを実装すればLCDタッチパネルは光ると思うが、
初経験のSOPC Builderを使ってNiosIIを組み込んでみる。

  ※ NEEKのデモアプリがカッコイイので自作回路焼き込んだら、元に戻す事が出来るか不安。
    Webとかできっと工場出荷回路データが転がってるはずだが。
    デモだけいじっても飽きるので、深く考えず焼き込んでしまう。

■作業手順
 ○SOPCBで回路作成 
  ・Quartus9.1 Web Edition起動 > 適当な名前で新規PRJ作成

  ・Tool > SOPC Builderで起動

  ・Processor > NiosII Processor > 右クリック > Add Version 9.1で追加
    > 追加したNiosIIは「cpu_0」のインスタンス名になった。
    ※ 全てdefault。リセットベクターの設定でERROR出るが後述のSDRAMを追加してからやる。

  ・Memories and Memory Controllers > SDRAM
    > DDR SDRAM High Performance Controller > 右クリック > Add Version9.1で追加
    > Ref CLK=50MHz(NEEKオンボードオシレータ周波数)
    > SDRAM周波数=100MHz(3逓倍にすると150MHzはサポート外になる。)
    > 追加したDDRCは「altmemddr_0」のインスタンス名になった。
    ※ NEEK搭載のFPGAはCyclone III EP3C25F324。
      SpeedGradeは一番遅い(と理解している)「EP3C25F324C8」にしてみた。
      Grade8では、MegaCoreの方はサポートしてないというエラー発生したため。

  ・NiosIIの設定画面開く > 1page目(開いてすぐの画面)のReset Vector、Exception Vector
                   を上で追加した「altmemddr_0」に設定(これしか選択出来ない)。
                 > SOPCB画面下に表示されてたERROR項目が消えた。

  ・SOPCB画面右下の「Generate」で作成 > 少し待って無事作成完了。

 ○SOPCBで作った回路をPRJへ追加
  ・QuartusのProject > Add/Remove Files in Project
    > Files項目でSOPCBで生成されたTOP(と思われる)ファイル「sopcb_test.v」を追加。

 ○コンパイル
  ・Start Compilation > エラー13個。あら、やり方適当だったかな?

 ○エラー解析
  こんなエラーが。NEEKのデモ回路にはDDR ピンアサイン全くしないでコンパイルしたからかな?

    Error: altmemphy pin placement was unsuccessful
    Error: The DQ group with DQS pin "mem_dqs_to_and_from_the_altmemddr_0"
        has invalid DQ group assignments
    Error: The "2.5 V" I/O standard and/or the "Default" current strength on the pin
        "mem_dq_to_and_from_the_altmemddr_0[0]" is not supported for DDR/DDR2
        external memory interfaces
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード