FC2ブログ

[LFS][LFS BOOK7.3]第2章 新しいパーティションの準備(p14)

・USB2.0ポートへUSB SDメモリリーダーを接続。
・自動認識されて、デバイス名は/dev/sdbと判明。
・fdiskコマンドでパーティションを作成。
 fdisk > n(add new partition) > primary > 番号
 > 開始シリンダ番号:そのままEnter > 終了シリンダ番号:+5G(この例では5GB分確保)
  > t > パーティションタイプ番号(swap=82、Linux=83、defaultなので指定不要)
  > 4つ全て終わったらwでWriteして終了。

  primary 1: 200MB(/boot用)
  primary 2: 5GB(swap用)
  primary 3: 5GB(/home用)
  primary 4: 20GB(残り全て)(/用)


・mkfsコマンドで各パーティションをext3でフォーマットする。

 mkfs -t ext3 /dev/sdb1  ※sdb2~4も同様


・/mnt/lfs、/mnt/lfs/boot、/mnt/lfs/homeフォルダを作成。
・各パーティションをマウントして行く。

mount /dev/sdb1 /mnt/lfs/boot
mount /dev/sdb3 /mnt/lfs/home
mount /dev/sdb4 /mnt/lfs

swapパーティションは上の方法とは異なる。
新規にswapパーティションを用意したので、mkswapで初期化する。
それからswaponで利用可能にする。
mkswap /dev/sdb2
swapon /dev/sdb2

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード