FC2ブログ

[LEON-MJPEG]VEEKへ移植(4)

・前回まででgtkwaveのインストールが完了したので、シミュレーションのssramデバッグへ。

./testbench --vcd=testbench.vcd
gtkwave testbench.vcd



(2013/11/24追記)
・シミュレーション中、QuartusII 13.1 Linux版のインストールしてたら、
 ディスクフルになってしまった。
 VMwareの設定では50GBにしてるので十分だが、ホストのWindowsのCドライブがフルに。
 今後の事も考えて、VMwareの設定は100GB、データ置き場は、Cドライブを止めて
 SDXCカード64GBにした。速度は遅いが。

(2013/11/25追記)
・シミュレーション時の以下SSRAMエラーMSGは次の動きが問題。
 ピンクカーソルの箇所で、クロックエッジとデータ変化点がかぶってしまってる。
 このデータ変化がなぜ起こったのかを追えば原因に当たるはず。

../../lib/cypress/ssram/cy7c1380d.vhd:611:13:@66610ns:(assertion error): Dq - tDS violation


leon_mjpeg_ssram_Dq-tDS_at_66610ns_with_oen.png

・OEN信号の変化が関係してる?? data_padなるモジュールを検索。

[leon@localhost leon_mjpeg]$ pwd
/mnt/hgfs/vm_share/leon_mjpeg
[leon@localhost leon_mjpeg]$ find leon-mjpeg/ -name '*.vhd' | xargs grep '\' | grep -v leon3mp
leon-mjpeg/grlib-gpl-1.0.22-b4095/designs/leon3-asic/pads.vhd: data_pad : iopad generic map (tech => padtech, strength => 4, oepol => OEPOL)
leon-mjpeg/grlib-gpl-1.0.22-b4095/designs/leon3-ge-hpe-midi-ep2s180/leon3hpe.vhd: data_pad : iopadv generic map (tech => padtech, width => 8)
leon-mjpeg/grlib-gpl-1.0.22-b4095/designs/leon3-ge-hpe-mini/leon3mini.vhd: data_pad : iopadv generic map (tech => padtech, width => 8)
leon-mjpeg/grlib-gpl-1.0.22-b4095/designs/leon3-ge-hpe-mini-lattice/leon3mini.vhd: data_pad : iopadv generic map (tech => padtech, width => 8)
leon-mjpeg/grlib-gpl-1.0.22-b4095/designs/ut699rh-evab/pads.vhd: data_pad : iopad generic map (tech => padtech, strength => 12, oepol => OEPOL)



・検索ヒットした中から、leon-mjpeg/grlib-gpl-1.0.22-b4095/designs/leon3-asic/pads.vhd がそうかな?

(2013/11/29追記)
・継続して、dataバスへ出力された値とクロック立ち上がりとのタイミング違反を解析中。
 GHDLシミュレータでVCD出力したけど、なんか表示出来ない信号がある気がする。

(2013/11/30追記)
・VCDだと取得出来ない信号があるようだし、テキストでファイル容量大きくなってしまうので、
 ghw (GHdl Waveform) フォーマットなるものを生成してみた。

http://home1.cyber-labo.co.jp/ghdl_guide/Simulation-options.html#Simulation-options
 上のページを参考に、以下のように実行。

./testbench --wave=testbench.ghw


 VCDに比べて1/3以下(VCD=471MBに対してGHW=145MB)のバイナリファイル.ghwが生成された。

・VCDと違ってopenするまでの進捗が出ないから不安になるが、以下実行して放置したら、
 いつの間にかopenしてた。

# gtkwave testbench.ghw
GTKWave Analyzer v3.3.2 (w)1999-2010 BSI



(2013/12/7追記)
・.ghwを開く時の問題点は以下の著者ブログでも記載されてた。
 自分の場合は、開くまでに遅過ぎる、という問題なのでちょっと違うが、参考に添付。

gtkwave testbench.ghwと実行するとアボートします。


 Verilogばっかりだったので知らなかったが、VHDLってVCDだと見れない信号あるのは皆同じなのね。
 見れない信号に困って、.ghwを探したけど、やはりこの形式にする必要があるらしい。


(2013.12.8追記)
・make xconfig でいろいろ設定をいじってたら、本の通り直したつもりでも、
 make ghdl でエラーが出るようになってしまった。
 QuartusIIのデバイス設定で、VEEKに合わせてCycloneIVを選択したのが影響したり?
 それくらいしか変えてないのに。SPIコントローラとかNOにしたから?
 エラーが出た手順は以下。
 make xconfig > 設定変える > Saveで終了 > touch systest.c > make soft > make ghdl

[leon@localhost leon3-altera-veek]$ make ghdl
make -f make.ghdl GHDLFLAGS="-fexplicit --ieee=synopsys --workdir=gnu/work --work=work `cat ghdl.path`"
make[1]: Entering directory `/mnt/hgfs/vm_share/leon_mjpeg/leon-mjpeg/grlib-gpl-1.0.22-b4095/designs/leon3-altera-veek'
ghdl -a -fexplicit --ieee=synopsys --workdir=gnu/work --work=work -Pgnu -Pgnu/grlib -Pgnu/altera -Pgnu/altera_mf -Pgnu/cycloneiii -Pgnu/dw02 -Pgnu/synplify -Pgnu/techmap -Pgnu/spw -Pgnu/eth -Pgnu/opencores -Pgnu/ihp -Pgnu/core1553bbc -Pgnu/core1553brt -Pgnu/core1553brm -Pgnu/corePCIF -Pgnu/gr1553 -Pgnu/gaisler -Pgnu/esa -Pgnu/#nasa -Pgnu/gleichmann -Pgnu/fmf -Pgnu/spansion -Pgnu/gsi -Pgnu/cypress -Pgnu/hynix -Pgnu/micron -Pgnu/openchip -Pgnu/work config.vhd
config.vhd:10:13: file ../../lib/techmap/gencomp/gencomp.vhd has changed and must be reanalysed
ghdl: compilation error
make[1]: *** [gnu/work/config.o] Error 1
make[1]: Leaving directory `/mnt/hgfs/vm_share/leon_mjpeg/leon-mjpeg/grlib-gpl-1.0.22-b4095/designs/leon3-altera-veek'
make: *** [ghdl] Error 2

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード