FC2ブログ

[NiosII][割り込み]メモ

◆セクションIII. 高度なプログラミング手法
http://www.altera.co.jp/literature/hb/nios2/n2sw_nii5v2_03_j.pdf

NiosII例外の概要
・NiosII例外処理は、従来からのRISC形式、すなわちすべての例外タイプが1つの例外ハンドラで処理される形式で実装。
 したがって、すべての例外(ハード、ソフト)は、「例外アドレス」と呼ばれる1つの位置に存在するコードによって処理。
・以下の例外タイプが利用可能。
  - ハードウェア割り込み例外。
  - ソフトウェア例外(以下カテゴリに分類)
     未実装命令
     ソフトウェア・トラップ
     その他の例外
・例外が生成されるとプロセッサは以下のステップを自動的に実行。
  - statusレジスタ(ctl0)の内容をestatusレジスタ(ctl1)にコピーして、例外発生前のプロセッサ状態を保存。
  - statusレジスタのPIEビットをクリアして、以降のハードウェア割り込みをディセーブル。
  - 例外発生後の命令のアドレスをeaレジスタ(r29)に格納して、例外ハンドラが戻るリターン・アドレスを提供。
  - 例外アドレスへのベクタ・ジャンプ。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード