FC2ブログ

[CentOS]samba構築 → 成功

設定をいじっていじって、何とか開通したって感じ。
疑問ある設定もあると思うが、とりあえず現状のままをメモ。

■環境
・sambaサーバ: CentOS release 6.4 (Final)
・クライアント: Windows 8.1Pro 64bit

■接続構成
 sambaサーバ(192.168.11.6) <--> GATEWAY/DNSサーバ(192.168.11.1) <--> クライアント(192.168.11.20)

■クライアント設定
使用イーサネットポート: 有線LAN

コントロールパネル > アダプタの設定 > プロパティ
 > ネットワークタブのIPv4 > プロパティ
 > 「次のIPアドレスを使う」に以下入力

IPアドレス= 192.168.11.20
サブネットマスク= 255.255.255.0
デフォルトゲートウェイ= 192.168.11.1


 > 「次のDNSサーバのアドレスを使う」に以下入力

優先DNSサーバ= 192.168.11.1



コントロールパネル > Windowsファイアウォール > 有効化または無効化
 > プライベートネットワーク、及びパブリックネットワークの両方を無効にする。

ウィルスソフト(AVG)を停止しておく。


■sambaサーバ設定
/etc/sysconfig/network-script/ifcfg-eth1 (以下が全設定)

DEVICE=eth1
HWADDR=xxxx
TYPE=Ethernet
UUID=xxxx
ONBOOT=yes
NM_CONTROLLED=yes
BOOTPROTO=dhcp
GATEWAY=192.168.11.1
NETMASK=255.255.255.0
DNS1=192.168.11.1



/etc/hosts

192.168.11.6 hogehoge
192.168.11.20 <クライアント(Windows)のコンピュータ名>



/etc/hosts.allow

ALL:ALL



/etc/hosts.deny  → 設定無し。

useradd -a   → クライアント(Windows)で使用するユーザ名とPassword

yum install samba  → sambaインストール

/etc/samba/smb.conf

[global]
netbios name =
map to guest = Bad User
unix charset = UTF-8
dos charset = CP932
:
security = share
passdb backend = tdbsam

[homes]
path = %H/samba
browseable = yes
writable = yes

[public]
path = /home/samba
public = yes
browseable = yes
writable = yes
guest ok = yes
guest only = yes



/etc/rc.d/init.d/smb restart  → 再起動。
/etc/rc.d/init.d/nmb restart  → 再起動。

/etc/selinux/config

SELINUX=disabled



/etc/sysconfig/iptables

*filter
:INPUT ACCEPT [0:0]
:FORWARD ACCEPT [0:0]
:OUTPUT ACCEPT [0:0]
-A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT
-A INPUT -p icmp -j ACCEPT
-A INPUT -i lo -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 139 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 445 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 137 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m udp -p udp --dport 138 -j ACCEPT
-A INPUT -m state --state NEW -m tcp -p tcp --dport 22 -j ACCEPT
-A INPUT -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
-A FORWARD -j REJECT --reject-with icmp-host-prohibited
COMMIT



smbpasswd -a <クライアントで使用してるユーザ名> → 実行後、そのパスワードも同じものを登録。

mkdir /home//samba  → samba用共有フォルダを作り、chmod 777等で権限も与える

もろもろ設定したら、該当のサービス再起動コマンドかPC自体を再起動。

■sambaサーバへのアクセス
クライアント(Windows) > ファイル名を指定して実行(WIN+R)
 > \\192.168.11.6\  → これはsambaのユーザ名でも認証ウィザード出た記憶あり。
 > ユーザ名とパスワードの認証ウィザードが出る。
 > sambaサーバのrootパスワードを入力。(注)
 > これでsambaサーバ内の/home//sambaの中身が見えた。

(注)ユーザ認証ウィザードでは、sambaに追加したWindowsユーザ名を入力してた。
   しかし、認証に失敗する。
   その他、sambaサーバのユーザを総当たりで入力してもダメ。rootを入れたらアクセス出来た。

■補足

上記のrootでアクセスする前は、なんとも上手くいかず、行き詰っていた。
そこで参考にしたのが以下のページ。

Sambaが動作しない時の診断方法
http://www.samba.gr.jp/doc/diag.html

進めていくと、
(8)コンピュータ名による名前解決
の所で、行き詰った。
DNSサーバ設定もやってみたが、結局、sambaサーバからクライアントへのnmblookupで失敗する。

nmblookup -B 192.168.11.255 <クライアントのコンピュータ名>
:
name_query failed to find name <クライアントのコンピュータ名>



デバッグのネタが無くなった時に、上記のようにrootで認証してみたら、アクセス出来た。
なぜ、こういう状況になっているのかは未解析。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード