FC2ブログ

[FreeBSD]vsftpd設定(v10.2)

FreeBSD 10.2-RELEASE-p14

参考ページ
http://www.mk-mode.com/octopress/2014/10/27/freebsd-10-0-installation-of-vsftpd/


vsftpd設定手順(sshは使わない場合)
# cd /usr/ports/ftp/vsftpd
# make BATCH=yes WITH_VSFTPD_SSL=yes install clean

# chmod 640 /usr/local/etc/vsftpd.conf
# vi /usr/local/etc/vsftpd.conf

anonymous_enable=NO # <= 変更(匿名ログインを拒否)
local_enable=YES # <= コメント解除(ローカルログインを許可)
write_enable=YES # <= コメント解除(書き込みを許可)
local_umask=022 # <= コメント解除(新規ファイルの権限設定)
xferlog_file=/var/log/vsftpd.log # <= コメント解除(ログファイルの指定)
ascii_upload_enable=YES # <= コメント解除(アスキーモードでのアップロードを許可)
ascii_download_enable=YES # <= コメント解除(アスキーモードでのダウンロードを許可)
chroot_local_user=YES # <= コメント解除(ローカルユーザの chroot 化)
chroot_list_enable=YES # <= コメント解除(ホームディレクトリより上位への移動を禁止するユーザリストを使用)
chroot_list_file=/etc/vsftpd.chroot_list # <= コメント解除(ホームディレクトリより上位への移動を禁止するユーザリストのファイル)
ls_recurse_enable=YES # <= コメント解除(ディレクトリ単位での再帰的な削除を許可)
listen=NO # <= NO になっていることを確認(inetd での起動を許可)

# 最終行に下記を追加
pasv_enable=YES # <= PASV モード有効
pasv_addr_resolve=YES # <= pasv_address 有効
pasv_min_port=4000 # <= PAXV モードの最小ポート番号
pasv_max_port=4009 # <= PAXV モードの最大ポート番号
force_dot_files=YES # <= ドットファイルを表示



# vi /etc/hosts.allow

vsftpd: ALL # <= 最終行に追加



# vi /etc/vsftpd.chroot_list
<許可するユーザ名を書く>

# vi /etc/inetd.conf
FTP サーバへの接続要求のあった場合のみ vsftpd を起動させるために設定ファイルを編集。
最終行に追加。

ftp stream tcp nowait root /usr/local/libexec/vsftpd vsftpd



# vi /etc/rc.conf
inetd 自動起動設定。

inetd_enable="YES" # <= 追加



# /etc/rc.d/inetd start
inetd 起動

  ※ この他、ログローテーション設定やファイアウォール設定はしない状態。

動作確認
Win FFFTPから、上記で許可したユーザ名、パスワードでFTPアクセス。
結果、ログインし、ファイル転送まで成功。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2021/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード