FC2ブログ

[Windows]Vagrant

まずはさくっと試してみる

1.必要アプリインストール

1.ホストPC準備: Windows 10 Home (x280)
2.Virtual Boxインストール: VirtualBox-6.0.10-132072-Win.exe
3.Vagrantインストール: vagrant_2.2.5_x86_64.msi
4.Gitインストール: Git-2.23.0-64-bit.exe ※ Git bashを使うため

2.Vagrantfile作成

以下内容を「Vagrantfile」というファイル名で作る。
実験なので、インストールしてる各パッケージに特に意味なし。


$install_package = <sudo apt-get update
sudo apt-get -y upgrade
sudo apt-get -y install build-essential
sudo apt-get -y install libncurses5-dev gawk u-boot-tools openssh-server samba binutils-arm-linux-gnueabi xinetd kpartx
SCRIPT

Vagrant.configure(2) do |config|
config.vm.box = 'ubuntu/xenial64'
config.vm.provision 'shell', inline: $install_package
end



3.仮想マシン起動

Git Bashを起動。
Vagrantfileファイルのある場所で以下実行。
# vagrant.exe up


4.クライアントから仮想マシンへアクセス

終了したら、以下で仮想マシンにsshアクセス。
# vagrant.exe ssh
これでプロンプトが変わり、仮想マシンへのログインが出来た。


5.仮想マシンからログアウト

# exit
これでホストマシンへ戻れる。


6.仮想マシン停止

# vagrant halt
Virtual Box起動してみると、確かに電源オフになった。


7.VagrantfileでAnsible連携

Ansibleで自動構成させるためのプレイブックファイルplaybook.ymlを以下内容で作る。

---
- hosts: all
tasks:
- name: install latest docker
shell: curl -sSL https://get.docker.com/ubuntu/ | sudo sh
- name: add vagrant user to docker group
command: gpasswd -a vagrant docker
sudo: yes



Vagrantfileに赤字部を追加して、Ansibleでplaybook.ymlの通り構成されるようにする。

Vagrant.configure(2) do |config|
config.vm.box = "utopic64"
config.vm.network "forwarded_port", guest: 80, host: 8080

config.vm.provision "ansible" do |ansible|
ansible.playbook = "playbook.yml"
end
end
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード