FC2ブログ

[NiosII]SBT for Eclipseの手順を覚える

SBTウィンドウ > File > New > NiosII Application
プロジェクト名(例:hoge)を書いて、BPSのcreateボタン実行。
起動したウィンドウで、BSPプロジェクト名(例:hoge_bsp)入力。
 > SOPC Info選択。 > Finish > [BSP Build complete]と出る。
Use default locationのチェック外す。 > プロジェクトDIRをブラウズ。 > Finish
 > 何やら実行され、Windows7の場合、変更してOK or NGの確認ウィンドウ出るのでOK。

ここで以下出てエラー終了。まだmain含んだCソース置いてないから?

c:/・・・/hogehoge_bsp/HAL/src/alt_main.c:154: undefined reference to `main'
collect2: ld returned 1 exit status
make: *** [hogehoge.elf] Error 1

(2011/4/5追記)
エラーは消えて、buildは成功したのだが、Run As > NiosII Hardwareからダウンロード
しようとすると、エラーとなる。
SystemIDが無いとか言われているような。でも設定でIgnore SystemIDっていうのをチェック
したのだが。Webエディションだから、Win7 64bit未対応とか?
(NiosII IDEは64bitでバグッた画面だったけど、Eclipseの方は正常動作に見えるが)

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 2 0 2011-04-05 22:00:50.532
!MESSAGE Expected base address of system ID component is undefined.

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 2 0 2011-04-05 22:00:50.532
!MESSAGE Expected base address of system ID component is undefined.

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 2 0 2011-04-05 22:00:56.434
!MESSAGE Expected base address of system ID component is undefined.

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 2 0 2011-04-05 22:00:56.435
!MESSAGE Expected base address of system ID component is undefined.

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 4 0 2011-04-05 22:00:56.517
!MESSAGE No Byte Stream Services found for Nios II Console View

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 1 0 2011-04-05 22:00:56.518
!MESSAGE Executing: [C:\Windows\system32\cmd.exe, /C, C:/altera/10.1/quartus\bin\cygwin\bin\bash.exe, -c, nios2-download '--cable=USB-Blaster on localhost [USB-0]' --device=1 --instance=0 --stop --accept-bad-sysid]

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 4 0 2011-04-05 22:01:01.140
!MESSAGE Failed Executing: [nios2-download, '--cable=USB-Blaster on localhost [USB-0]', --device=1, --instance=0, --stop, --accept-bad-sysid] return code: 4, 'other error'

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 1 0 2011-04-05 22:01:01.141
!MESSAGE Executing: [C:\Windows\system32\cmd.exe, /C, C:/altera/10.1/quartus\bin\cygwin\bin\bash.exe, -c, nios2-download '--cable=USB-Blaster on localhost [USB-0]' --device=1 --instance=0 --go --accept-bad-sysid --reset-target /cygdrive/c/user/work/neek/c_test/software/hello_world/hello_world.elf]

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 4 0 2011-04-05 22:01:06.391
!MESSAGE Failed Executing: [nios2-download, '--cable=USB-Blaster on localhost [USB-0]', --device=1, --instance=0, --go, --accept-bad-sysid, --reset-target, /cygdrive/c/user/work/neek/c_test/software/hello_world/hello_world.elf] return code: 4, 'other error'

!ENTRY com.altera.sbtgui.launch 4 0 2011-04-05 22:01:06.392
!MESSAGE Downloading ELF Process failed




(2011/4/20追記)
なんともエラーが直らない。Ignore System IDにチェック入れても結局同じエラーだし。
諦めてとりあえず、LEDチカチカの最小構成をSOPC Builderで組み直した。
結果、Ignore System IDにチェック入れて、無事SWダウンロード出来た。

ちゃんとLEDチカチカするし、WAIT時間によって点滅が変わるから、上手く行ってる証拠。
そうすると、NiosII SBTの手順は正しくて、システム構成のどこかにエラー原因があると。
少しづつ回路を追加していって、ダウンロードがエラーになる原因を探る。

それにしても、NiosII+PIO+プログラムRAMという小さい構成であるものの、
コンパイル時間が38秒って(Win7 64bit)。やたら早いな。
Quartusでは、SOPC Builder内の各IPはハードIPとかでタイミングMET済みのデータを
ツール内部で持ってるとか?だったら納得だけど。
ソフトCPU(=NiosII)をコンパイルするにも関わらず1分以内って早過ぎだな。
Xilinxとは大違いって感じたけど、実はISEのSystem Builder?でも同じくらいなのかな・・・?
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

windows7 64bit版

突然失礼します。
最近新規購入するPC(windows7 64bit版)で、
quartusⅡのweb editionがどうさするのかどうかを心配していたのですが、
(altera社web上のアナウンスではサポート外のようですが)
bobgossoさんの64bit環境では、NiosII SBTまで動作した、のでしょうか。
もしよかったら教えてください。

No title

こんばんは。
Win7 Home Premium SP1 64bit使ってますが、QuartusII Web Edition、NiosII SBT共に動いてますよ。
以前64it版で動かないと言っていたのは、NiosII IDEの方でした。
SBTのやり方覚えてからは、特に問題無いです。
ちなみにQuartusII v11.1 32bit SP1使ってます。ご参考に。

ありがとうございます。

返信ありがとうございます。
動作実績あるようで安心しました。
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード