fc2ブログ

[Raspberrypi]Geekworm KVM A3 (PiKVM)

通常はssh接続でサーバの操作をしてるが、IP KVMという商品を使うとPC起動時から、BIOS画面から画面表示や操作が出来るらしい。
PC電源ONの遠隔操作ならWake On Lan(WOL)対応PCなら出来るが、もし起動時に何か問題あった場合(例:CPU FAN ErrorでF1押せ、的な状況など)や、デュアルブート時に起動OSを切り替えたい、など、BIOS画面も含めて操作したい事がちょくちょくあった。
企業向けの製品はあるが、個人で買うには高すぎるし、良い製品無いかなーと探していたら、あった。

Geekworm KVM-A3 IP KVMリモートコントロールサーバー操作
https://www.amazon.co.jp/Geekworm-PiKVM-A3-IPKVM%E3%83%AA%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E6%93%8D%E4%BD%9C%EF%BC%88%E5%A4%96%E9%83%A8PC%E9%81%A0%E9%9A%94%E6%93%8D%E4%BD%9C%EF%BC%89%E3%80%81Raspberry-Pi-4%E3%81%AE%E3%81%BF%E9%81%A9%E7%94%A8/dp/B0B5QNXWMJ

ラズパイ4を持ってる事が前提だが、この製品使うとわずか1万円で実現出来るらしいので、やってみた。

■準備するもの
・Geekworm KVM-A3
・ラズパイ4B(今回は2GBモデルを使った)
・ドライバ
・HDMIケーブル(KVM-A3には付属してなかった)
・操作される側のPC(マザーボード上のRESET SWとか、POWER SWとかのピンヘッダに制御線を接続するので、ミニPCとか、ノートPCとかは制御出来ないと思われる)
・自宅LAN内にDHCPサーバがある事

■手順

1.Geekworm KVM-A3を開封して、内容物を確認。

・ベースボード、と呼ぶ(X630-A3、LANとかUSB Type-Cとかのってる拡張ボード)
・HDMIボード、と呼ぶ(X630、HDMIポートの拡張)
・OLEDボード、と呼ぶ
・ATX信号ボード、と呼ぶ(制御される側PCマザーボード上のATX信号と接続するため)
・その他各種ケーブル



2.KVM-A3とラズパイを合体してから、それと制御されるPCとをケーブル接続する。
https://wiki.geekworm.com/PiKVM-A3#Installation_Video

このビデオを見るのが一番分かりやすいと思われる。
自分の場合は、最初付属説明書でやっていたが、フレキケーブルとかの接続順序などは動画の方が分かりやすい。

3.PiKVM OSイメージをダウンロードしてSDカードに焼きこむ
https://wiki.geekworm.com/PiKVM-A3#OS_Download_.26_Installation
https://pikvm.org/download/

上記ページから以下をダウンロード。(KVM-A3の場合は、以下imgを使えば良い)
PiKVM V3 platform > V3 Pre-Assembled > v3-hdmi-rpi4-box-latest.img.xz
それを解凍しないでそのままをBalena EtcherツールでSDカードへ書き込んだら、ラズパイへ挿入。

4.ラズパイのLANポート経由(※)で自宅LANと接続。PiKVM OSはDHCPで動作してるので自宅LANにDHCPサーバが無いとダメらしい。
   ※ PiKVM A3ベースボード上のLANポートはATX信号用として制御されるPCマザーボード上のATX信号と接続されるので、こちらではない。

5.PiKVM A3ベースボード上のUSB Type-Cポートへ電源供給して、電源ON。

6.PiKVM A3 OLEDボード画面にDHCPサーバから取得した自分のIPアドレスが表示される。

7.クライアントPCのブラウザでhttps://OLED画面に表示されたDHCPサーバから取得後のIP/kvm/へアクセス。
   ※ Windows上のFirefoxとかだと、危険がある事の警告が出るが、そのまま実行

8.PiKVMのWeb GUI画面が表示されるので、admin/adminでログイン。

9.「The Open Source KVM over IP」というウィンドウが出るので、「KVM」「Terminal」「Logout」の中から「KVM」をクリック。
   ※ この状態では、まだ制御されるPCの電源がONされてないので、何も画面に出てない。

10.GUI画面右上のATXの左にある電源マーク(リンゴのようなマーク)をクリック。その後、Click Power shortをクリック。
これで、対象のPCが電源ONされて、そのGUI画面上にはOSブート画面が表示された。
無事動作した。


実際にやってみると、Web管理GUI画面に表示された、制御されるPCのBIOS画面は解像度?の関係ではみだしていて、見れない部分もあった。何か設定変えれば画面全体が表示されるようになりそうだが。
これでPC作業が楽になりそう。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード