FC2ブログ

[Quartus]エラー Qsys、Nios SBT

Nios SBT > File > New > Nios II Application and BSP from Template
 > .sopcファイルを選び、テンプレートとして、Hello Worldあたりを選ぶ。
とやると、エラーになる。

Nios SBT > File > New > Nios II Board Support Package
でBSPを作ってから、
Nios SBT > File > New > Nios II Application
とやったら作成成功した。

その後、てきとーなmain.cをビルドしてみると、以下エラー。

To generate from Eclipse:
1. Right-click the BSP project.
2. In the Nios II Menu, click Generate BSP.

To generate from the command line:
nios2-bsp-generate-files –settings= –bsp-dir=

make: *** [public.mk] Error 1



これは、メッセージ通り、

1. Right-click the BSP project.
2. In the Nios II Menu, click Generate BSP.


をやったら、ビルド出来るようになった。

[Quartus]32bit版CentOSへインストール

対象ホスト= VMware上CentOS6.7 i386

以下にいろいろ書いたが、結論をまとめておく。

1.「Web Edition」のQuartus v12.1 のLinux用インストールデータをダウンロード。
  12.1_177_quartus_free_linux.tar.gz
  (v12.1はLinux 32bit版もサポートしてた)
2.展開する。setupを実行する。GUIが起動する。後はふつーにインストールするだけ。
3.以下をbashrcへ追記する。
  export PATH=/quartus/bin:$PATH
  (QUARTUS_LIBRARY_PATHSは宣言する必要ないみたい)

-----------------------------------------------------------------------------------
■Quartus v15.0.0.145

Akamaiをインストールせず、個別ダウンロードでフルデータをダウンロードすると、.tarで提供されてた。

[root@localhost ~]# tar xvf Quartus-web-15.0.0.145-linux.tar
components/ModelSimSetup-15.0.0.145-linux.run
components/QuartusHelpSetup-15.0.0.145-linux.run
components/QuartusSetupWeb-15.0.0.145-linux.run
components/arria_web-15.0.0.145.qdz
components/cyclone-15.0.0.145.qdz
components/cyclonev-15.0.0.145.qdz
components/max-15.0.0.145.qdz
components/max10-15.0.0.145.qdz
setup.sh
readme.txt



[root@localhost ~]# ./setup.sh

The Altera software you are installing is 64-bit software and will not work on the 32-bit platform on which it is being installed.

Do you want to continue to install the software? (y/n): y
./setup.sh: line 79: /root/components/QuartusSetupWeb-15.0.0.145-linux.run: cannot execute binary file
./setup.sh: line 79: /root/components/QuartusSetupWeb-15.0.0.145-linux.run: Success




setup。shを実行してから気付いたが、Quartusって64bit版しかサポートしてない?
readme.txtを見ると、64bitだけのサポートらしき書き方。

* Red Hat Enterprise Linux 6.4 (64 bit)


しかし、Lattice Mico System Builder使うために、64bitではGenerateボタン押せない問題あって32bit版使ってるし・・・

■Quartus v13.1.0.162

Quartus-13.1.0.162-linux-complete.tar を展開して、出てきたsetup.shを実行すると、GUIが起動してインストールが出来た。
v13.1は、32bit版Linuxをサポートしているようだ。

インストールが終わって、そのままQuartusを起動すると、ライセンスのうんぬんをやらないと起動に失敗。
v13.1では、Web Editionでもライセンス不要ではないようだ。
また、試しに
/usr/local/altera/13.1/quartus/linux/quartus
を実行してみると、

[bob@localhost quartus]$ quartus: error while loading shared libraries: libsys_ictq.so: cannot open shared object file: No such file or directory


という結果になった。まだ設定が足りないようだ。
尚、指摘されたライブラリは、実行コマンドのフォルダに存在した。

/usr/local/altera/13.1/quartus/linux/libsys_ictq.so



しかし、よくよくインストール資料を調べてみると、実行すべきファイルは

/usr/local/altera/13.1/quartus/linux/quartus


こっちが正しかった。
加えてbashrcへ以下の変数宣言も行う。この変数が無いとやはりlibsys_ictq.soが無い、と言われてしまう。

export QUARTUS_LIBRARY_PATHS=/usr/local/altera/13.1/quartus/linux

ようやくエラー無く起動するようになったが、Quartus起動時に「License Setup Requiredウィンドウ」が出て、
さらに以下4択なので、何かしらのライセンス必要になるみたい。

・Buy the Quartus II Subscription Edition software
・Start the 30-day evaluation period with no license file (no device programing file support)
・Perform automatic web license retrieval
・if you have a valid license file, specify the location of your license file



ただ、ここ見ると、v8.1以降はWeb Editionはライセンス不要になったとあるんだが・・・
https://www.altera.co.jp/support/support-resources/download/licensing/lic-choose.html


12.1をダウンロードしてインストールし直してるが、もしかして13.1はサブスクリプション版のデータだったのかな。
インストール中もfreeバージョンである事が明記されてるし、なんなく起動出来た。

[Quartus]コマンドライン実行(SW更新 > pof更新 > Programmer)

Mico32のSWを更新した場合、更新後の.mif内容を.pofへ更新し、
そのままpofを焼き込む手順をコマンドラインで実行してみた。
以下で成功。

最初は.cdfを作成する必要あるが、それ以降はコマンドライン一発実行出来る。

#!/bin/csh -f

set prj_name = mico32_de0_nano

# update pof
quartus_cdb.exe --update_mif $prj_name
quartus_asm.exe $prj_name

# to check cable index
jtagconfig -n

# program to DE0 nano
quartus_pgm -c "USB-Blaster [USB-0]" $prj_name.cdf

[Quartus]14.1でMegaWizardを開く

v14より前にMegaWizardで作ったRAMのパラメータを変更したいが、
v14.1ではIP Catalogになっていて、MegaWizardのメニューが存在しない模様。

どうやって、パラメータ変更のWizardを開くのかと悩んでいたら、前に作った.vを
ダブルクリック IP CatalogウィンドウへD&Dすれば自動的にWizard起動した。
分かってみれば簡単だがちょい迷った。

[Quartus]TimeQuest使用可能コマンド

http://www.altera.com/literature/manual/mnl_sdctmq.pdf
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
累積訪問者
現在の訪問者
現在の閲覧者数:
最新記事
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

bobgosso

Author:bobgosso
FPGAのブログへようこそ!

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード